Warning: include_once(/export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/3/sd0144063/sharisharishari.com/wp-content/plugins/akismet/widget.php): failed to open stream: No such file or directory in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/3/sd0144063/sharisharishari.com/wp-content/plugins/akismet/akismet.php on line 49

Warning: include_once(): Failed opening '/export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/3/sd0144063/sharisharishari.com/wp-content/plugins/akismet/widget.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php5.5/lib/php') in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/3/sd0144063/sharisharishari.com/wp-content/plugins/akismet/akismet.php on line 49

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/3/sd0144063/sharisharishari.com/wp-content/plugins/akismet/akismet.php:49) in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/3/sd0144063/sharisharishari.com/wp-includes/feed-rss2.php on line 8
SHARISHARISHARI http://sharisharishari.com designer association based in UK, China and Japan Thu, 28 Nov 2013 01:26:07 +0000 en hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 City Of Surface http://sharisharishari.com/2013/06/city-of-surface/ http://sharisharishari.com/2013/06/city-of-surface/#comments Sun, 02 Jun 2013 03:14:51 +0000 sharimember http://sharisharishari.com/?p=579

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

]]>
http://sharisharishari.com/2013/06/city-of-surface/feed/ 0
SHARISHARISHARI@Kinetica Art Fair 2013 http://sharisharishari.com/2013/01/sharisharisharikinetica-art-fair-2013/ http://sharisharishari.com/2013/01/sharisharisharikinetica-art-fair-2013/#comments Fri, 25 Jan 2013 00:41:44 +0000 sharimember http://sharisharishari.com/?p=459

An Intelligent Furniture by SHARISHARISHARI + Takumi Matsuo

We sharisharishari exhibited a tea ceremony house as an intelligent architecture with kinetic-tensegrity-roof and reactive floor. This space can provide a unique experience – light and shadows correspond with human movement below controlled by the embedded sensors in the floor.

The installation was referring to “In Praise of Shadow” by Junichiro Tanizaki, which discussed traditional Japanese aesthetics in contrast with change. Contrasting light and dark, Tanizaki further considers the layered tones of various kinds of shadows and their power to reflect low sheen materials.

We presented a new method of designing interactive architecture. The tea house was designed by means of dynamic simulation. Physical prototypes and simulation models are the mirrored images of each other and have been developed sequentially. The roof is designed as an object which is an interactive agent that feels-thinks-acts by itself and also senses-calculates-actuates in real time. On the other hand, the floor was designed by self-adjusting kinetic function which is capable of reacting accordingly to human weight or posture in a way it has been programed. This was realized by introducing the dynamic structure engraved on continuous material and optimizing its graphical pattern using the dynamic analysis so that it’s capable of controlling its touch and movement.

We want to build-in the computer’s flexibility into physical architecture and even embed programmable/dynamic system into the habitable space; user can participate to edit architecture without awareness.

Press Release
Brochure

Kinetica Art Fair 2013
February 28th – March 3rd 2013

Ambika P3
35 Marylebone Road
NW1 5LS

The aim of Kinetica Art Fair is to present works that exemplify universal concepts, heighten consciousness and advance human potential; it is through the performative and immediate nature of the works and the viewers creative engagement with them that a strong attunement to the concepts are activated. Many of the works are intuitive in the ways that they reach out to the viewer or the viewer will activate the work into being, a kind of living art where the viewer and art are creating an inter-change, or physical dialogue.

Kinetica Art Fair 2013 Web Site

]]>
http://sharisharishari.com/2013/01/sharisharisharikinetica-art-fair-2013/feed/ 0
Actor Network Theory + Affordance http://sharisharishari.com/2013/01/actor-network-theory-affordance/ http://sharisharishari.com/2013/01/actor-network-theory-affordance/#comments Fri, 25 Jan 2013 00:31:04 +0000 sharimember http://sharisharishari.com/?p=452  

 

Actor–network theory, often abbreviated as ANT, is an agent-based approach to social theory and research, originating in the field of science studies, which treats objects as part of social networks. Although it is best known for its controversial insistence on the agency of nonhumans, ANT is also associated with forceful critiques of conventional and critical sociology. Developed by science and technology studies scholars Michel Callon and Bruno Latour, the sociologist John Law, and others, it can more technically be described as a “material-semiotic” method. This means that it maps relations that are simultaneously material (between things) and semiotic (between concepts). It assumes that many relations are both material and semiotic. (Wikipedia)

 

 

読書会♯2 Actor Network Theory & Affordance

読書会第二シーズン。アフォーダンス関係の日本語の書籍(本を回しながら担当者が順番にレジュメをつくる)とアクターネットワーク関係の英文の論文(山本くん山下くんが選ぶ)を同時に読み進めていく。

 

 

Bruno Latour – Reassembling the Social – An Introduction to Actor-Network-Theory (2005)
要点抜粋レジュメ Hiroki Yamamoto

Introduction: How to Resume the Task of Tracing Associations

‘What I want to do in the present book is to show why the social cannot be construed as a kind of material or domain and to dispute the project of providing a ‘social explanation’ of some other state of affairs.’
(本書の目的は、なぜ社会的なものが物質や領域のひとつとして解釈されえないかを示し、他の状況に「社会的説明」を与えているプロジェクトについて議論することである。)

‘What I want to do is to redefine the notion of social by going back to its original meaning and making it able to trace connection again.’
(本書の目的は、そのもともとの意味に立ち返り、ふたたびそのつながりをたどることを可能にすることによって、社会という観念を再定義することである。)

‘What is a society? What dose the word ‘social’ mean? […] To answer these questions, two widely different approaches have been taken. Only one of them has become common sense – the other is the object of the present work.’
(社会とは何か?「社会的」という言葉は何を意味しているか?[…]これらの問いに答えるために、おおまかにふたつのアプローチが採られてきた。一方のみが常識となった―もう一方が本書の研究対象である。)

‘The first solution has been to posit the existence of a specific sort of phenomenon variously called ‘society’ […] or ‘social structure’.’
(第一の解決策はさまざまに「社会」[…]あるいは「社会構造」などと呼ばれる特定の現象の存在を措定することであった。)

‘The other approach does not take for granted the basic tenet of the first. It claims that there is nothing specific to social order; that there is no social dimension of any sort, no ‘social context’, no distinct domain of reality to which the label ‘social’ or ‘society’ could be attribute […]: ’There is no such a thing as a society.’’
(もうひとつのアプローチは第一のアプローチの基本的な主張を自明のものとはしない。そのアプローチは以下のように主張する。社会的秩序なるものは存在しない。あらゆる社会的次元や「社会的」や「社会」というラベルを貼ることのできるあらゆる現実の領域は存在しない。[…]「いわゆる社会なるものは存在しない」)

‘In the alternative view, ‘social’ is not some glue that could fix everything including what the other glues cannot fix; it is what is glued together by many other types of connections.’
(もうひとつの見方によると、「社会的なもの」はもう一方の接着剤で固定することのできないものも含むすべてのものを固定することのできる接着剤とはなりえない。それは他のあらゆる種類の結合によってつなぎあわされる何かである。)

‘[…] redefining sociology […] as the tracing of associations. In this meaning of the adjective, social does not designate a thing among other things, like a black sheep among other white sheep, but a type of connection between things that are not themselves social.’
(社会学を「結合関係の探求」と定義し直す[…]形容詞のこの意味では、社会的という言葉は、白い羊の群れにおける一頭の黒い羊というように、他のものにおけるあるひとつのものを明示するのではなく、それ自体は社会的ではないものの「結合の種類」を示している。)

‘[…] another notion of social has to be devised. It has to be much wider than what is usually called by that name, yet strictly limited to the tracing of new associations and to the designing of their assemblages. […] I am going to define the social […] only as a very peculiar movement of re-association and reassembling.’
([…] 社会的なものの別の定義が作り出されなくてはならない。それはかつてその名前で呼ばれていたのもよりも「はるかに幅広い意味をもつ」が、新しい結合関係の探求とそれらの集合の設計に「厳密に限定」されなくてはならない。[…] 私は社会的なものを[…]再結合と再構築のある特有の運動としてのみ定義したい。)

‘Whereas, in the first approach, every activity – law, science, […] etc. – could be related to and explained by the same social aggregates behind all of them, in the second version of sociology there exists nothing behind those activities even though they might be linked in a way that produce a society – or doesn’t produce one.’
(第一のアプローチでは、法律や科学[…]などのすべての分野は関連しており、それらすべての「背後にある」同一の社会的な集合体によって説明されうるが、第二の形態の社会学では、あるひとつの社会を産み出すような(または産み出さないような)しかたで結合されているとしても、それらの分野の背後にはなにも存在しないとされる。)

‘To clarify, I will call the first approach ‘sociology of the social’ and the second ‘sociology of associations’ (I wish I could use ‘associology’).’
(より明確にするために、私は第一のアプローチを「社会的なものの社会学」、第二のものを「結合関係の社会学」(「アソシオロジー」という言葉を使えたらいいのだが)と呼びたい。)

‘But in situations where innovations proliferate, where group boundaries are uncertain, when the range of entities to be taken into account fluctuates, the sociology of the social in no longer able to trace actors’ new associations.’
(技術革新が進み、集団の境界が不明瞭になるような状況や考慮に入れられるべき実体の範囲が変動するときには、社会的なものの社会学はもはや個々のアクターの新たな関係を追跡することができない。)

‘Using a slogan from ANT [Actor-Network-Theory], you have ‘to follow the actors themselves’, that is try to catch up with their often wild innovations in order to learn from them what the collective existence has become in their hands, which methods they have elaborated to make it fit together, which accounts could best define the new associations that they have been forced to establish.’
(ANTのスローガンを借りれば、あなたは「アクターそれ自体を追跡」しなくてはならない。すなわち、集合的存在がそれ自身の役割によって何になったのか、集合体として安定するためにアクターがどのような方法を用いたのか、アクターが作らざるを得なかった新しい結合関係を定義する最もよい説明は何か、といったことを知るためにアクター自体のしばしば人為的ではないイノベーションの動きを追跡しようとする必要がある。)

‘The two traditions can easily be reconciled, the second being simply the resumption of the task that the first believed was too quickly achieved. The factors gathered in the past under the label of a ‘social domain’ are simply some of the elements to be assembled in the future in what I will call not a society but a collective.’
(このふたつの伝統的な考え方のつながり簡単に見出すとこができる。第二の考え方は、単に、第一の考え方があまりにすぐに達成しうると確信していたタスクの見直しに過ぎない。過去において「社会的領域」の名の下に集められた諸要素は、単に、将来的に私が社会の代わりに共同体と呼ぶもののなかで結合される要素のいくつかに過ぎない。)

3つの問い

‘How to deploy the many controversies about associations without restricting in advance the social to a specific domain?’
(社会的なものを特定の領域に前もって限定することなく、いかにして結合関係に関する数多くの議論を活用するか)

How to render fully traceable the means allowing actors to stabilize those controversies?
(いかにしてアクターをしてそれらの議論を安定化せしめるような方法を完全に追跡可能にするか)

Through which procedures is it possible to reassemble the social not in a society but in a collective?
(どのような手順を経ることによって、社会ではなく共同体のなかにある社会的なものを再び集めることが可能であるか)

]]>
http://sharisharishari.com/2013/01/actor-network-theory-affordance/feed/ 0
SHARISHARISHARI@Japanese Junction http://sharisharishari.com/2012/12/sharisharisharijapanese-junction/ http://sharisharishari.com/2012/12/sharisharisharijapanese-junction/#comments Tue, 25 Dec 2012 12:56:33 +0000 sharimember http://sharisharishari.com/?p=419 > Pub-lab web site     Biscuit and Tea Party (QR Biscuit) [...]]]> SHARISHARISHARI was invited to exhibit our recent works at the Japanese Junction 2012-2013.

The exhibition will be held at HAGISO tokyo from 22nd Dec 2012 to 20th Jan 2013.

Open Jury will be held on 29th Dec. Please see the exhibition’s web site http://japanesejunction.jp/ for details.







    Kinetic Tensegrity Roof – The Roof of Modality
    Pub-lab >>> Pub-lab web site
    Biscuit and Tea Party (QR Biscuit)
    Re-read Cybernetics >>> Re-read Cybernetics








]]>
http://sharisharishari.com/2012/12/sharisharisharijapanese-junction/feed/ 0
Reread Cybernetics サイバネティクス再読 http://sharisharishari.com/2012/12/rereadcybernetics/ http://sharisharishari.com/2012/12/rereadcybernetics/#comments Wed, 12 Dec 2012 13:31:22 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=344

 

 

The Macy conference series (ten meetings between 1946-1953) was organized to understand the feedback mechanisms in biological, technological and social systems, by the aid of concepts like circular causality and self-regulations. McCulloch served as the chairman of the conferences, which had a strong interdisciplinary character. While mathematicians/physicists and psychologists dominated the conferences, Wiener and von Neumann in particular made claims that their theories and models would be of utility in economics and political science, too. Margaret Mead (1901-1978) and Gregory Bateson (1904-1980) contributed very much to develop the humanistic aspects of cybernetical thinking (Bateson 1972).

 

 

読書会♯1 『サイバネティクス 第二版』”Cybernetics (2nd edition)”

sharisharishariの活動に関係する本を選ぶ。まずは古典からということで最初に読む本はノバート•ウィーナーの『サイバネティクス 第二版』にした。全部で10章あるので、毎週1~2章ずつ読んで原著を二ヶ月弱で読み終えた。担当者を決めて毎週1人~2人がレジュメをつくり、それをもとに関係するトピックや別の本に脱線したりする形式である。以下は、各回のレジュメ(PDF形式)と、山本浩貴による読後の後記である。読書会第二シーズンは2013年1月から開始予定。

Chapter 1 Y.Komiyama

Chapter 2 I.Wako/T.Ishii

Chapter 3 M.Izawa/K.Yoshida

Chapter 4 R.Maruyama

Chapter 5 Midori.O/H.Yamamoto

Chapter 6 S.Ichikawa/H.Yamamoto

Chapter 7 M.Shinohara/M.Kubota

Chapter 8 T.Matsuo/R.Maruyama

Chapter 9 H.Takeyama/Y.Komiyama

Chapter 10 H.Oya/D.Winkler

 

 

サイバネティクス読書会後記  by HIROKI YAMAMOTO

 

「小笠原さんは、『みんなと仲良くなるために、サークルやってるんじゃない。楽器が好きだから』って言うくせに、なんで自分のポジションのことはしつこく言うの?居場所についてぐちぐち言うの?」

遠藤さんは言う。

もっともだな、と小笠原は省みた。

本当の芸術家は、こんなことを考えないはずだ。椅子取りゲームをしたり、他人を使って音楽に近づこうとしたり、人から慕われようとしたりはしないに違いなかった。

(山崎ナオコーラ『長い終わりが始まる』)

 

ノーバート・ウィーナーの『サイバネティクス』は建築における必読文献であり、古典であるらしい。美術でいうところのマイケル・フリード『客体と客体性』とかクレメント・グリーンバーク『アバンギャルドとキッチュ』あたりになるのか。いずれにせよ、上記2つは美術批評であり、『サイバネティクス』は(純粋な建築理論ではなく)あえていうなら情報工学の理論にあたることを考えても、建築という分野の学際性をうらやましいなぁとか思ったりする(ちなみに僕は読んだことないのだけど、ギブソンのアフォーダンス理論とかも「常識」にあたるらしいですね、いいなぁ…)。

 

先に、『サイバネティクス』によって切り開かれた地平が現在どのようになっているかというと(主に社会科学での話しになりますが)、ウィーナーの考えていた意味でのフィードバック、すなわち、制御による、統合へと収束していくようなフィードバックは現在では「ネガティブ・フィードバック」と呼ばれ、それじゃ「ポジティブ・フィードバック」もあるのかといったらやっぱりあって、それは(秩序に対して)混沌、あるいは多様性へと向かっていくようなフィードバックと定義されます。前者を(社会学者である丸山孫郎の言葉を借りれば)「ファースト・サイバネティクス」、後者を「セカンド・サイバネティクス」と呼ぶこともあるようです。現代科学では、後者が重視されており、プリゴジンの散逸構造論(『混沌からの秩序』あたりで展開しているような)やルーマンの社会システム論(ここにおいてついに人間は心的システムとして他のシステムと並列に論じられるのですが、割愛。ちなみにルーマンによると人間はコミュニケーションの主体ではないということになり、コミュニケーションそれ自体が連鎖的にコミュニケートしていく、ということになるのですが、割愛。ちなみにちなみに心的システムのみがコミュニケーションを誘発できるという点で他のシステムより特殊な位置付けをされているのですが、割愛。)などがこの系譜にあたるようです。それゆえに、いまやウィーナーは時代遅れのおじさんでしかないのですが、一時的ではあれ、あらゆるアカデミックの領域がウィーナーひいてはサイバネティクスの乗り越えを画策してきたのであることを考えると、「乗り越える側」の末席にいるものとしては、最低限きちんとと勉強しておきたいよね、となるわけです。現代哲学をやるならフロイト(無意識の発見)、マルクス(支配階級の思想が時代の支配思想となる)、ニーチェ(系譜学のはしりとしての)は最低限知ってないといけないし、いま考えるとアホかって思うけど、デカルトの功績は半端ないよね、ということです。いまや、予備校の国語でさえ近代のはじまりはルネサンス=人間中心主義とかって勉強するから、高校生にまで「デカルトはアホ、理性中心主義ひいては自然破壊の元凶」とか(それこそアホ、あるいはいいがかりみたいなこと)言われたりしてかわいそうだなと思うのですが(僕も高校生3年生のとき言ってましたし)、物質の属性は「延長」すなわち空間にあるってだれが思いつくのでしょうか。ちなみにポーランドの社会学者ジークムント・バウマンが、デカルトの「我思う、故に我あり」はニアーイコールで「我空間を占有す、故に我あり」と同じだと言っていましたが、正しいですね、さすが。

 

ハンガリーの社会学者、カール・マンハイムは知識の存在拘束性を理論化し、知識社会学の創始者とされていますが(wikipedia的な意味で、てか、いまwiki見ましたすみません)、僕が彼から学んだことはふたつあって、ひとつは「みずからの立場つねに歴史や存在に拘束されており、つねに盲点をもっている」、つまり「他人の言うことを受け入れる勇気」(彼の提唱する「自由に浮動するインテリゲンツィア」はかなりユートピア的だし、彼のインテリへの信頼は異常だとも思うけど… 29年に主著『イデオロギーとユートピア』を書いた彼は、wiki先生曰く、47年に死んだらしいですが、世界大戦2回目はめっちゃへこんだだろうな、インテリと理性の敗北)。ごくごく簡単に自分なりに解釈すると、「自分のこと客観的に見えてますか?」ということです。ベルナール・スティグレールはこう言っております。個になるとは、存在するすなわち自己の外に出るex-sistereことであり、…個体化という同じプロセスに存在するものや人たちの必然性と収束を実感するということであると。で、ふたつめは「知識はいろいろな人の関わりによってややギザギザに進んでいく」こと。いずれにせよ、彼から学んだ数少ないことのひとつが「他者の意見を受け入れることの大切さ」になるわけです。そういう意味では、シャリで意見交換しながら『サイバネティクス』を読んでいけたことはたいへん有意義なことであるし、これからも継続していけたらいいなと思っています。社長は流れ的にはマトゥラーナ&ヴァレラの「オートポーエーシス」あたりをご希望のようです。このへんはちょうど2ヶ月前くらいに読んだので、簡単にレジュメから重要な点を書き起してみると…

 

H. R.マトゥラーナ/F. J. ヴァレラ『オートポイエーシス 生命システムとはなにか』(河本英夫訳)より

a オートポイエティック・マシン

定義:構成素が構成素を産出するという産出(変形および破壊)過程のネットワークとして、有機的に構成(単位体として規定)された機械

特徴:(ⅰ)変換と相互作用をつうじて、自己を産出するプロセス(関係)のネットワークを、絶えず再生産し実現する、(ⅱ)ネットワーク(機械)を空間に具体的な単位体として構成し、またその空間内において構成素は、ネットワークが実現する位相的領域を特定することによってみずからが存在する。

「オートポイエーシス・システムは漸進的プロセスではない。システムはオートポイエティックであるかないかのどちらかである。」(P94)

「どのようなものであれシステムの確立には、システムを構成する構成素の存在が不可欠であり、システムの成立はそれらがどのような相互作用をしているかに依存する。適当な構成素と適当な相互作用の連鎖があたえられればシステムは実現する。」(P96)

「二つ以上の単位体の行為において、ある単位体の行為が相互に他の単位体の行為の関数であるような領域がある場合、単位体はその領域で連結して(カップリング)いると言ってよい。カップリングは、相互作用する単位体が、同一性を失うことなく、相互作用の過程でこうむる相互の変容の結果として生じる。」(P117)

 

とこんな感じです。オートポイエーシスの思想は、一時期のサイバネティクスと同様に、あらゆる分野で受容されたある意味では画期的な理論ですので、読んでおくことはとても役に立つように思われます。というよりも、本来のフィールドである生物学ではワトソンとクリックによるDNAの発見以来、分子生物学あるいは要素還元主義との競争に負けた感がムンムンですが、その他の分野、特に社会学(システム理論)や経済学(環境経済学、ただこれもシステムと「環境」の二元論で物事を考えるルーマン流のシステム理論の影響が大きいようですが)でひろく受容されました。

]]>
http://sharisharishari.com/2012/12/rereadcybernetics/feed/ 0
Active tensegrity study with Kangaroo # 1 http://sharisharishari.com/2012/08/active-tensegrity-study-with-kangaroo-1-physical-engine/ http://sharisharishari.com/2012/08/active-tensegrity-study-with-kangaroo-1-physical-engine/#comments Mon, 27 Aug 2012 23:51:49 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=290

( Red menders –  shrinkage, green those – slack )

First attempts to simulate behavior of  active tensegrity componet with Kangaroo, plug-in for Grasshopper  in Rhinoceros.
We continuously investigate model of the roof based on our proposal, LRT STATION DESIGN COMPETITION, OKAYAMA JAPAN, 2010.

It was difficult to see the behavior of kinetic roof in physical module made of 5*5 the component for Kinetic art fair 2012.Therefore, we use the physical engine to discover the global form of the active tensegrity.

これの動画はライノセラスのプラグイン、グラスホッパー上で動く物理エンジングラスホッパーを使ったアクティブテンセグリティモデルの動作シュミレーションです。
私たちは先の岡山の吉備線LRT駅デザインコンペから継続的に動く構造体のスタディを続けています。先日行われたキネティックアートフェアーのための5*5の部分模型ではより大きな形態での動作が不透明だったので、物理エンジンを使うことによってグローバルフォームを発見することを試みました。

Ryosuke Maruyama : http://www.ryosukemaruyama.com//a>

]]>
http://sharisharishari.com/2012/08/active-tensegrity-study-with-kangaroo-1-physical-engine/feed/ 0
lightness flatness softness #4 http://sharisharishari.com/2012/08/lightness-flatness-softness-4/ http://sharisharishari.com/2012/08/lightness-flatness-softness-4/#comments Sat, 25 Aug 2012 14:11:08 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=218 Forest Walkway to the Roof of Modality – how to control uncontrolable?

Project | Oct 2005- |
Yosuke Komiyama

I have been interested in behavior of amorphous structure, how to control uncontrolable… text and images will follow.

forestwalkway1
forest pedestrian walkway (2007)
Mammoth Architects (Norihisa Kawashima + Yosuke Komiyama + Kenji Kobayashi)

New wooden pedestrian overpass proposed in a certain city in Japan.

Existing pedestrian overpass is just for crossing over intersection.
It would be more pleasant if we cross the intersection as walking in the forest.
You can stop on the way and stay when you find a favorite place,feeling the sunlight through the branches and leaves of trees.
Therefore, we make the “Forest” in the intersection.

“Forest” consists of two kinds of panels made of the engineering wood, light structural material.
The panels compose the space frame truss by only two basic units and they are easy to assemble.
3 dimensional penrose tile system allow group of standardised components to form controlled yet unpredictable space.

“Trunks” will be arranged according to the shape of an existing pavement.
“Branches” extend so that the adjoined trunks are tied by the arch.
“Leaves” extend to form the truss together with the branches.
An oval floor connecting elevators and stairs is supported by “Trunks,” “Branches,” and “Leaves”

Non-periodic extention of “Leaves” are following the direction of “Branches.”
The structure system is independent from the shape of floor, so it makes each segment of floor all unique.






———————————— to be continued










secure openness sustainable pediatric clinic in Africa (2009)
Yosuke Komiyama + Jin Matsumoto







fünfte facade (2005)
Yosuke Komiyama







the roof of modality (2010)
sharisharishari

]]> http://sharisharishari.com/2012/08/lightness-flatness-softness-4/feed/ 0 Central Glass International Architectural Design Competition 2011 / セントラル硝子国際建築設計競技2011 http://sharisharishari.com/2012/08/central-glass-international-architectural-design-competition-2011/ http://sharisharishari.com/2012/08/central-glass-international-architectural-design-competition-2011/#comments Sat, 04 Aug 2012 12:10:42 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=267 46th competition theme “Glass architecture in 2050″ / 第46回「2050年のガラスの建築」

Received Special Prize / 佳作受賞

After Industrial Revolution, architectural glass production in the factory has provided stable quality of glass, and wide variety of glass forms.

In the meantime, 3. 11 Tohoku Earthquake revealed that once the factories where things are produced were damaged, production process would be suspended and provoked shortage of supply.  The idea represented here seeks for a new system of factory and attempts to revitalise the history of glass production, which propose the future of glass architecture, for instance, in 2050.

Takayuki Ishii / 石井孝幸

posted by: takishii : http://d.hatena.ne.jp/tak-ishii/

]]>
http://sharisharishari.com/2012/08/central-glass-international-architectural-design-competition-2011/feed/ 0
Arduino講座:その6 http://sharisharishari.com/2012/07/arduino%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae6/ http://sharisharishari.com/2012/07/arduino%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae6/#comments Fri, 27 Jul 2012 22:17:44 +0000 sharimember http://sharisharishari.com/?p=633 第6回

 

「距離センサーとLEDライト」

 

今回は距離センサーとLEDを接続して、人やオブジェクトがセンサーに対して特定の距離になったときにLEDが点灯する様に動かします。

 

まず、前回説明したブレッドボードに距離センサーを設置します(Parallex社Pingという商品を使用)。まず、センサーボードに記載してあるように、3本あるピン(GND,5V,SIG)をそれぞれArduinoのGND,5V,7番pinと接続します。

 

そして、以下のようにLEDライトを6番pin5番pinに接続します。6番pinをLEDの+極へ、抵抗をはさみ、-極をGNDへと接続。これを5番pinも同様に接続。

Arduino の0番pinから13番pin のうちのAnalog pin (~と記載のある番号 3,5,6,9,10,11)を今回は使用します。

 

 

 

そして、ここでは5個のLEDを使って実験してみます。

以下写真のように6,5,4,11,10 にLEDを接続します。(最高に見にくい写真になってしまいましたが)

 

 

そして以下のコードをコピー。

0<100cm, 0<150cm, 0<200cm, 0<250cm, 0<300cm,と50cm毎に異なるLEDがついていく仕様にしています。300cmがこのセンサーの規格上最大と記載があるので, その値を上限に設定し物体が近づくにつれてLEDがついていきます。

 

 

// using a PING))) Sensor

 

// define pins

int SensorPin=7;

int LedPin6=6;

int LedPin5=5;

int LedPin3=3;

int LedPin11=11;

int LedPin10=10;

int LedPin9=9;

 

int distance;

unsigned long pulseDuration=0;

 

void setup() {}

 

void loop() {

 

// measure distance: send “Ping”

pinMode(SensorPin, OUTPUT);

digitalWrite(SensorPin, HIGH);

delayMicroseconds(5);

digitalWrite(SensorPin, LOW);

 

// measure distance: listen for “Ping”

pinMode(SensorPin, INPUT);

pulseDuration=pulseIn(SensorPin, HIGH);

 

// divide by two (back/forth for a single trip), divided by speed of sound = distance in cm

pulseDuration=pulseDuration/2;

distance = int(pulseDuration/29);

 

 

if (distance > 0 && distance < 100) {

int RedValue=(100-distance)*10.2;

analogWrite(LedPin6, RedValue);

} else {

analogWrite(LedPin6, 0);

}

 

if (distance > 0 && distance < 150) {

int RedValue=(150-distance)*10.2;

analogWrite(LedPin5, RedValue);

} else {

analogWrite(LedPin5, 0);

}

 

if (distance > 0 && distance < 200) {

int RedValue=(200-distance)*10.2;

analogWrite(LedPin3, RedValue);

} else {

analogWrite(LedPin3, 0);

}

 

if (distance > 0 && distance < 250) {

int RedValue=(250-distance)*10.2;

analogWrite(LedPin11, RedValue);

} else {

analogWrite(LedPin11, 0);

}

 

if (distance > 0 && distance < 300) {

int RedValue=(300-distance)*10.2;

analogWrite(LedPin10, RedValue);

} else {

analogWrite(LedPin10, 0);

}

 

 

 

// wait a little…

delay(20);

 

}

 

 

極めて基本的な動作なんですが、lightがセンサーに反応してついたり消えたりするのは個人的に見てて嬉しいので好きです。完全に個人的感情ですね。ではまた次回

 

 

by  Hiroshi Ito

 

 

 

]]>
http://sharisharishari.com/2012/07/arduino%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae6/feed/ 0
Arduino講座:その5 http://sharisharishari.com/2012/07/arduino%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae5/ http://sharisharishari.com/2012/07/arduino%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae5/#comments Fri, 27 Jul 2012 22:15:40 +0000 sharimember http://sharisharishari.com/?p=630 第5回

 

「ブレッドボードの基本的な使い方」

 

今回はかなり基本的なところですが、ブレッドボードの使い方の紹介をします。

 

ブレッドボードとはArduinoの上にある基盤で、大きな電流を流すことはできませんが、半田ごてを必要とせず簡易に接続できるので便利です。

 

 

例えば、青のラインが (-) 赤のラインが(+)。このラインが横一線繋がっており、その線上であればどこにさせても接続されていることになります。黒の縦ラインも同様に縦一線が繋がっています。

少し分かりにくかもしれないので、以下を見てください。

ArduinoのGNDピンを青線(-)に接続、13ピンから黒線上の任意の点(今回はH,59)に接続し、そこにLEDの+極を繋ぐ、そして-極側をワイヤーを使って青線上に繋ぐ。

同様に、5つのLEDをブレッドボードを使って12ピンと接続していきます、こちらも同じように全てのLEDがArduinoのGNDと繋がるように設定。

 

 

 

 

 

 

あとは、第1回でやったBlinkを少しだけ変更してこちらをコピーして起動してください。

 

/*

Blink

Turns on an LED on for one second, then off for one second, repeatedly.

 

This example code is in the public domain.

*/

 

// Pin 13 has an LED connected on most Arduino boards.

// give it a name:

int led1 = 13;

int led2 = 12;

 

// the setup routine runs once when you press reset:

void setup() {

// initialize the digital pin as an output.

pinMode(led1, OUTPUT);

pinMode(led2, OUTPUT);

}

 

// the loop routine runs over and over again forever:

void loop() {

digitalWrite(led1, HIGH);   // turn the LED on (HIGH is the voltage level)

delay(1000);               // wait for a second

digitalWrite(led1, LOW);    // turn the LED off by making the voltage LOW

delay(1000);

digitalWrite(led2, HIGH);   // turn the LED on (HIGH is the voltage level)

delay(1000);               // wait for a second

digitalWrite(led2, LOW);    // turn the LED off by making the voltage LOW

delay(1000);   // wait for a second

}

 

ここでは緑LEDが1秒間、5つの赤LEDが1秒間光れば成功です。

いろいろと試してみてください。

 

 

by Hiroshi Ito

]]>
http://sharisharishari.com/2012/07/arduino%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae5/feed/ 0
Arduino講座:その4 http://sharisharishari.com/2012/07/arduino%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae4/ http://sharisharishari.com/2012/07/arduino%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae4/#comments Mon, 02 Jul 2012 23:15:00 +0000 sharimember http://sharisharishari.com/?p=620 第4回Arduino講座

「音センサーとターボモータの接続」

今回は前回のターボモータ講座を少しだけ発展させて、音センサーを接続して動かしてみたいと思います。前回と同様にまずターボモータを接続してください。

続いて音センサーをArduinoに接続します。
写真が少し見にくいのですが、音センサーのAUDをA0ピン, GNDをGND, VCCを3.3Vに接続しています。モータと音センサーを両方接続するとこんな状態です。

次に以下を入力してください。

#include <Servo.h>
Servo myservo; //servo’s instance
void setup(){
myservo.attach(9); //attaching servo in to 9 pin
Serial.begin(9600);
}
void loop(){
// the values of sensors
int val=analogRead(A0);
Serial.println(analogRead(A0));
//by using “map()”, the sensor value(0~1023) will convert to degree(0~180)
int deg=map(val,0,1023 ,0,180);
//output to servo
myservo.write(deg);

delay(1000);

}

これで作動するはずです。
上記の状態は、音センサーが感知する音の大きさに反応してターボモータが0°〜180°の範囲内で動くようになっています。(このモータは180°、1.5kgまでの商品ですので、もしそれ以上の角度や力が必要な方は、別商品をご購入ください)
私のいる場所では音センサーが常時300前後、声を発した時で700程度でしたので、モータの動きをより繊細にする為に, int deg=map(val,0,1023 ,0,180); の値を、int deg=map(val,200,800 ,0,180); 等と調整してやりました。ご自身のセンサーの値をみて調整してみてください。
ちなみに値は、右上の虫眼鏡のようなマークをクリックすると見れます。
by Hiroshi Ito
]]>
http://sharisharishari.com/2012/07/arduino%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae4/feed/ 0
Processing sketch archive http://sharisharishari.com/2012/06/processing-sketch-archive/ http://sharisharishari.com/2012/06/processing-sketch-archive/#comments Sat, 30 Jun 2012 00:33:40 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=407 Processingでつくったsketchをarchiveするページ via Open Processing。

HITODAMA (Yosuke Komiyama, 2012) – A ghost follows a cursor.

]]>
http://sharisharishari.com/2012/06/processing-sketch-archive/feed/ 0
SHARISHARISHARI at So Far, the Future Gallery http://sharisharishari.com/2012/06/at-so-far-the-future-gallery/ http://sharisharishari.com/2012/06/at-so-far-the-future-gallery/#comments Wed, 20 Jun 2012 23:25:49 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=303

Kinetic Tensegrity Roof – The Roof of Modality

sharisharishari were invited to participate the “living space” exhibition along with other 4 exhibitors. The exhibition will be held at the So Far, the Future gallery in Russel Square London WC1N 3LH, 25th June – 1st July 2012. MON-SUN 12:00-6:00PM. Click the invitation below for further information of the venue. We will be exhibiting the latest development of the Kinetic Tensegrity Roof – The Roof of Modality.

contact: info@sharisharishari.com

Abstract of the exhibition:

An exhibition exploring biomimicry and bio-inspiration in architecture, through materials and installations that grow, decompose, sense and respond to their surroundings.
Living Space is an exhibition showcasing materials and installations that grow, decompose, sense and respond to their surroundings. Through the examination of biomimicry and bio-inspiration in architecture this project celebrates the work of contemporary architects and designers, and the methodology and materials used to explore their ideas. Curated by CADA in partnership with So Far, The Future gallery, Living Space includes materials, processes and projects that reflect upon the future of architecture, and its relationship to the environment.

CADA(Curating Architecture Design Art) is Candice O’Brien, Suzie Parr, Kelly Pollard and Neringa Stoskute.

Abstract of our work:

In this research Tensegritic-Intelligent Canopy introduces a new strategy for intelligent architecture defined as a multi-scaled system that communicates with agents, i.e. humans and environments, through both software and hardware and has the ability to change its rules during its interaction with the agents. Each individual component within the system has the ability to compute data and as a result, the component changes its physical behavior. The greater the adaptability of the rule, the higher the computability. Architectural agent is defined as an intelligent machine that integrates numerous computers dedicated to sensing-calculating-actuating, each making its own decisions in order to produce an interactive interface between machine and human and machine and machine. True adaptability requires dynamic hardware and software systems to provide functions such as input, evaluation, output.

ShariShariShari is a designer association based in London UK, China, and Japan. The association was established in summer 2010 by designers and students from architecture and information technology. They are capable of designing and researching in a wider range, backed by their various experience and knowledge from cutting edge academic researches to master planning and working architectural details.


(click to enlarge)

]]>
http://sharisharishari.com/2012/06/at-so-far-the-future-gallery/feed/ 0
Arduino講座:その3 http://sharisharishari.com/2012/06/arduino%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae3/ http://sharisharishari.com/2012/06/arduino%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae3/#comments Sat, 09 Jun 2012 22:32:49 +0000 sharimember http://sharisharishari.com/?p=612

第三回 Arduino講座

 「サーボモーターをいじる」

 

本日はArduinoを使ったサーボモータの制御について簡単に紹介したいと思います。サーボモーターとは一定の角度範囲(例えば0°~180°)の任意の角度で位置決めできるものです。DCモータなどのように回転はしません。一般にロボットの関節などに制御用として使われますが、Arduinoなどの基盤の普及に伴ってArtistなどの間でも広く使われるようになってきました。

今回はTunigy のTG9eというベーシックなものを使います。


 さっそくですが、以下のようにサーボモーターをArduinoに繋いでみます。

一般的に黒のワイヤーをArduinoのGRDへ、赤を5Vへ、青もしくは白を今回はArduinoの9番ピンに接続します。

 

接続が完了しましたら、以下を入力して動かしてみてください。

1; サーボモータを特定角度動かす

 #include <Servo.h>

Servo myservo; // create servo object to control a servo

// a maximum of eight servo objects can be created

int pos =0; // variable to store the servo position

void setup() {

myservo.attach(9); // attaches the servo on pin 9 to the servo object

}

void loop() {

myservo.write(0); // tell servo to go to position in variable ’0degree’

delay(1000); // waits 1000ms for the servo to reach the position

myservo.write(30); // tell servo to go to position in variable ’30degree’

delay(1000); // waits 1000ms for the servo to reach the position

myservo.write(60); // tell servo to go to position in variable ’60degree’

delay(1000); // waits 1000ms for the servo to reach the position

myservo.write(90); // tell servo to go to position in variable ’90degree’

delay(1000);

}

 サーボモータが一秒毎に30°ずつ動き、90°までいくと0°に戻る動きを繰り返す設定になっています。

 

 2; サーボモータを一定角度継続的に動かす

 #include <Servo.h>

Servo myservo; // create servo object to control a servo

// a maximum of eight servo objects can be created

int pos = 0; // variable to store the servo position

void setup() {

myservo.attach(9); // attaches the servo on pin 9 to the servo object

}

void loop() {

for(pos = 0; pos < 180; pos += 1) // goes from 0 degrees to 180 degrees

{ // in steps of 1 degree

myservo.write(pos); // tell servo to go to position in variable ‘pos’

delay(15); // waits 15ms for the servo to reach the position

}

for(pos = 180; pos>=1; pos-=1) // goes from 180 degrees to 0 degrees

{

myservo.write(pos); // tell servo to go to position in variable ‘pos’

delay(15); // waits 15ms for the servo to reach the position

}

}

 

こちらでは、15㍉秒ごとに1°ずつ動いていき、180°に到達すると、反対回転で0°まで戻るという動きを繰り返します。例えば delay(15); をdalay (1000);に変更すると1000㍉秒毎、つまり1秒毎に1°動くという様に変わります。

 角度/時間の制御ができるというのは、単にモーターが回転続けるというのとはまた違って面白いですね。是非試してみてください。

 

 

by Hiroshi Ito

]]>
http://sharisharishari.com/2012/06/arduino%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae3/feed/ 0
Arduino講座:その2 http://sharisharishari.com/2012/06/arduino%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92/ http://sharisharishari.com/2012/06/arduino%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92/#comments Sat, 02 Jun 2012 02:23:24 +0000 sharimember http://sharisharishari.com/?p=570 第二回 Arduino講座 『Capacitive Sensor を作る』 今回は、人の静電容量センサーを紹介します。 前回に引き続きArduino Uno を使用します。 今回のセンサーは、人がセンサーに近づいたり、触れたりするときに反応するものです。
arduino tutorial capasitice sensor
(こちらのtutorialは非常に分かり易いのでオススメです)
まずはcapacitive sensorというファイルをダウンロードしてください。download page
それをArduinoのlibraryに入れる。(Macの場合My Document内にあると思います)
そうするとSketchのImport LibraryにCapasitive Sensorというものが表示されるので、それを選択する。



#include <CapacitiveSensor.h>

選択すると上記のような文字がでてくるので、それに続けて以下をArduino page上にコピー&ペースト。

CapacitiveSensor capSensor = CapacitiveSensor (4,2);

int threshold = 100;
const int ledPin=13;

void setup()
{
   Serial.begin(9600);
   pinMode(ledPin, OUTPUT);
}

void loop()
{
    long sensorValue = capSensor.capacitiveSensor(30);

    Serial.println(sensorValue);   

  if(sensorValue > threshold){

      digitalWrite(ledPin, HIGH);
    }
    else{
      digitalWrite(ledPin, LOW);
    }

    delay(10);
}

具体的な接続方法は以下の写真を参考にしてください。
4番ピン(オレンジ)2番ピン(ブラック)に接続、間に抵抗を挟む。
緑のワイヤーの先を指を近づける、もしくはワイーヤーの先にアルミホイルなどを接続する。

int threshold = 100; const int ledPin=12;で
if(sensorValue > threshold){digitalWrite(ledPin, HIGH);
つまりsensorValueが100を越えた時、13番ピンに繋いだLEDが光る設定。
この100という数値を変更することで、このcapasity sensorの感度を上げたり下げたりすることができるようになっています。

この装置はいろいろと応用できて面白いので是非試してみたください。


by Hiroshi Ito
]]>
http://sharisharishari.com/2012/06/arduino%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92/feed/ 0
Grasshopper 講座:その3 http://sharisharishari.com/2012/05/grasshopper-%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%93/ http://sharisharishari.com/2012/05/grasshopper-%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%93/#comments Sun, 27 May 2012 01:10:15 +0000 sharimember http://sharisharishari.com/?p=531 先週のShariでやったGrasshopper講座。今回はこんなものをつくります。

attractorの位置に合わせて、boxがscaleを変えます。それに色をつけるというものです。講師はHotta師。

まず最初にrectangular gridをつくります。rectangle gridというcommandです。

 

 

 

 

数は好きなように変えてください。panelで入れても結構ですが、parametricですから、いつもsliderを使うようにしましょう。また、sliderはintegerにしておきましょうね。大きさもx yに数値を入れれば変えられますが、ここでは変えません。

私はここで25個

次に、これをコピーして、このsquare gridを立体にします。

move commandで動かします。でもこのcommandだけだと実際にはcomputerはどこに動かしていいのかわかりません。だから、方向を教えてあげましょう。それが、unit Z です。rhinoにはvector量とscalar量というのがあり、今回は方向を指定してあげる、vector量です。

動かす数値を忘れずに入れましょう。私は25で正立方体になるようにしてます。

これを今度はたくさんcopy & pasteします。が、数値は自分で計算して入れてくださいね。sliderの値が足りない場合は、もちろん自分で足してください。

 

 

同じことを繰り返して、適当に自分の好きな大きさにしてください

 

これらのsquare gridをgeometry commandでつなげておきましょう。後から選択するのが格段に楽になるので。

今度はポイントを自分の好きな位置に、rhino上に配置して、grasshopperのpointとリンクさせます。右クリックでset one pointですよ。それから、最後には使いませんが、lineコマンドとgeometryを繋げてみましょう。何が起こるかを可視かすることができるので。

これでわかったと思いますが、ポイントとの距離を計算する状態にしておきます。

attracterをどこに動かしても、線がついてきます。

下記の図を見ればわかると思いますが、boxコマンドで、square gridのgeometryから立方体をつくり、それをscaleにつなぎます。それに、pointにdistanceを繋ぎましょう。distanceとは具体的にlineの長さに等しく、square gridとpointの距離のことです。スケールの値をしめすところにこのdistanceを入れてやります。

すると、なんか小さいこういうboxesができます。(これは最初に設定したsquare gridの大きさによりけりで、大きかったり小さかったりします。)

そこに、division(割り算)をいれてあげます。そこにsliderを入れて、ちょうど良い大きさになるように自分で数値を試します。この場合はたまたま44くらい。計算を早めたいので、なるべく整数値を使いましょうね。中身は常にpanel commandでチェックしましょう。

それが終わったら画像が荒くて見えなくてすみません。sortコマンドをdivisionとつないで、数を上から下に並べ替えます。色をつけるために、ですよ。panelでこれを見て、いくつまであるか確認しておいてください。その後itemを二つだして、gradientに繋ぐんですが、gradientには最大と最低値を入れなくちゃいけないので、itemで取り出した値を入れます。itemの一番目にはsortを指定してあげて、sortをそのままつないでやります。item二番目にはsortを指定して、最後の値(ここでは566だったかな?)をpanelで書いてあげます。

gradientの最低値のところにitemの1を、最大値にitemの2を入れます。そして色を変えるparameterにdivisionを差してやりましょう。これだけでは全く見えないので、previewというcommandを書きます。

gradientの色は自分で変えられます。

previewと赤い仮想のpreviewがぶつかってしまうので、赤い方、boxやscaleのpreviewをoffにしましょう。

 

これで完成です。

scaleをいじったり、pointをいじったりしてみてください。これでparametricしてます。

 

色も変えたりして、遊んでみよう。

 

 

]]>
http://sharisharishari.com/2012/05/grasshopper-%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%93/feed/ 0
Grasshopper講座 : その2 http://sharisharishari.com/2012/04/grasshopper%e8%ac%9b%e5%ba%a7-%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92/ http://sharisharishari.com/2012/04/grasshopper%e8%ac%9b%e5%ba%a7-%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92/#comments Sat, 28 Apr 2012 14:17:27 +0000 sharimember http://sharisharishari.com/?p=517 第2回 アトラクター(Point)が近づくことで、円の大きさが縮小する四角いグリッドをつくる。

 

1:RecGridのコンポーネントを用意し、X, Y, S,に整数値のスライダーを接続してみましょう。試しに、 X, Yのスライダーを10にしますと図の様なグリッドが現れます。一方でアトラクターとなるPointをつくります。Rhino上でPointをつくってから、Grasshopper上のコマンドからアサインするのもよしですが、この場合、ポイントもグラスホッパー上で定義しました。スライダーを3つ用意しX, Y, Zにつなぎます。このスライダーをいじることでアトラクターとなる点の座標位置が決定されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2:さて次にこのPointとRecGridを関連付けをするためのコマンドをつくります。そこでDistanceコマンドをつくりましょう。これは2点間の距離を求めるもので、AにはRecGridのポイントを、BにはPointで制作したポイントを接続します。更にその点と点の距離間を表示させるためのPANELを接続すると、図のようなリストが現れます。ここでは440のポイントとアトラクターのポイントとの距離差がずらーっと表示されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3:続いて、点の上に現れてほしい円を定義するために、Circleコマンドをつくります。つくったら円を作る座標位置を定義するためにCの部分をRecGridのGと出力端子に接続します。こうすることでRecGrid座標の点上に円が制作されることになりますが、円の半径をアトラクターとの距離が近ければ近いほど短くなるように設定したいので、円の半径の値:Rと2点間の距離を求めるコマンドの出力端子:Dの間に割り算するコマンドと、円の大きさを制限するコマンドMinimumを間に噛ませます。こうすることで、出来上がった円と円が重なることを避ける事ができます。今回はB(第2の数値)にスライダーを設け、手動で管理するようにしてみました。

 

]]>
http://sharisharishari.com/2012/04/grasshopper%e8%ac%9b%e5%ba%a7-%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92/feed/ 0
Arduino講座:その1 http://sharisharishari.com/2012/04/arduino%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91/ http://sharisharishari.com/2012/04/arduino%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91/#comments Wed, 25 Apr 2012 01:53:40 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=492 第一回 Arduino講座

『1個のLEDライトを点滅させる』

初めてさわる人にもとっかかりやすい、項目から入ります。
ちなみに最もベーシックなArduino Uno を使います。

Arduino内には既に多くのサンプルがあるので、その内にある[Blink]というファイルを開く。


上の図のように13番とGNDに赤色LEDを接続。極性を注意し、長い方(+極)を13番へ短い方(−極)をGNDへ接続する。

デフォルトではset up()で13番ピンを出力ピンと設定しており、loop()で{}を繰り返しすという設定になっています。1000ms点灯(HIGH)、1000ms消灯(LOW)となっていますので、LEDが点滅しているはずです。
ここを
digitalWrite(led, HIGH);
delay(2000);
digitalWrite(led, LOW);
delay(1000);
と変更すると2000ms点灯、1000ms消灯という様に変更することが可能です。
(ちなみに1000ミリセカンド = 1秒です)

これを基本とし、様々なセンサーと接続することで、応用可能です。

 

 

by Hiroshi Ito

]]>
http://sharisharishari.com/2012/04/arduino%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91/feed/ 0
Grasshopper講座:その1 http://sharisharishari.com/2012/04/grasshopper%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91/ http://sharisharishari.com/2012/04/grasshopper%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91/#comments Wed, 25 Apr 2012 01:48:52 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=487 第一回 関数の演習

 

1:一つ目は簡単な場合分け、Functionコンポネントを使ってXが5以上であることを真か偽かで場合分けする。

 

 

 

 

 

 

 

 

2:二つ目はDispatchコンポをつかって、場合分けを実際にジオメトリに反映させる。ここでは真の場合に円が描きだされる。

 

 

 

 

 

 

 

 

3;任意の関数をいれてその軌跡を見たり、それに沿ってジオメトリを配置したり。この例ではX座標にx*sin(5x), Y座標にy*cos(5y)をいれて竜巻のような形を得る。スライダーを移動させていくと、渦巻きになるとは限らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

4;数列の扱い方、ListItemは特定の部分を取り出すとき、ListLengthはリストの長さを出力するとき、Reverse Listはリストの順番を反対にひっくり返す、ShiftListはリストの順番を後ろにずらす、CullNthは番号ごとにリストから抜粋、Cullpatternはブーリアンによってリストをマスクする。

 

5;神戸ポートタワー;数列のシフトをつかって捻じれた構造体を作る。上下の輪っかをDivideで分割して、そのリストをシフトを使ってずらし、それらをそれぞれ線で結ぶ。わかりやすいようにそれをパイプで立体化する。

 

 

 

 

 

 

 

鋭意加筆予定

]]>
http://sharisharishari.com/2012/04/grasshopper%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91/feed/ 0
Processing講座:その1 http://sharisharishari.com/2012/04/processing%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91/ http://sharisharishari.com/2012/04/processing%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91/#comments Wed, 25 Apr 2012 01:47:55 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=484 To be confirmed
加筆予定

]]>
http://sharisharishari.com/2012/04/processing%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%9a%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91/feed/ 0
sharisharishari at Kinetica Art Fair 2012 http://sharisharishari.com/2012/02/sharisharishari-at-kinetica-art-fair-2012/ http://sharisharishari.com/2012/02/sharisharishari-at-kinetica-art-fair-2012/#comments Sat, 18 Feb 2012 11:55:18 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=171 Kinetic Tensegrity Roof – The Roof of Modality

Project | Sep 2011-Feb 2012 |
Yosuke Komiyama, Takayuki Ishii, Kensuke Hotta, Madoka Kubota, Wako Itsuka, Tsutsumi Komiyama, Hiroshi Takeyama, Meiri Shinohara, Saki Ichikawa, Ryosuke Maruyama

Sponsored by Gianni Botsford Architects

Special thanks to
FabLab kamakura, Midori Onota, Chika Nagai, Hiroshi Ito, Linzi Tzu Li Lin

Interview and Review by Kostas Prapoglou on REVma -/+ “Architectural Intelligent Canopy by AA D_Lab + ShariShariShari @ Kinetica Art Fair 2012″


The movie shown in the talk given in the Kinetica Art Fair 2012 by sharisharishari


Photos of the prototype model taken by Meiri Shinohara


The walk through movie based on Okayama LRT competition, but including after progress modeled by Kensuke Hotta


The talk given in the Kinetica Art Fair 2012 by sharisharishari

ShariShariShari; is a designer association based in London UK, China, Japan. The association was established in summer 2010 by designers and students from architecture and information technology. We are capable to design and research in wider range backed by our various experience and knowledge from cutting edge academic researches to master planning and working architectural details.

http://sharisharishari.com/
info@sharisharishari.com

]]>
http://sharisharishari.com/2012/02/sharisharishari-at-kinetica-art-fair-2012/feed/ 0
lightness flatness softness #3 http://sharisharishari.com/2011/12/lightness-in-19c-1/ http://sharisharishari.com/2011/12/lightness-in-19c-1/#comments Fri, 23 Dec 2011 11:35:35 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=150 lightness flatness softness #3

text by yosuke komiyama

My interest in lightness resulted in my master thesis, “about the receipt process of “light construction” in an architectural situation of Britain in the 19th century” in 2007. I researched about early iron construction in UK (1840s ? 1890s) to look for the origin of lightness. I would like to spend a couple of posts to explore this topic further.

先日、セントパンクラス国際駅に初めてドイツのICEが乗り入れた。2013年に開通が予定されているフランクフルト―ロンドン路線の試験走行を兼ねたものである。

ユーロトンネルを通行する車両は全長が375m以上必要との決まりがあり、ICEの車体はこの基準を満たしていないため二両連結して運行するのだという。この375mは、ユーロトンネル内に設けられた非常口間の距離らしい(どこで緊急停止しても、電車内を通って非常口までたどり着けるようにということだろう)。ゆえに、ユーロスター用プラットフォームには400mの長さが必要で、セントパンクラス駅が国際駅にリノベーションされる際に、「400mマイナス700feet(W.H.Barlowによる既存の大屋根)」分の新しい屋根が必要になった。

Barlowによるこの700feetの大屋根(1868年)をさらに遡ると、Barlowに協力しディテール面で貢献したもうひとりのエンジニア Rowland Mason Ordishにたどり着く(鉄製の床による構造体の緊結で屋根アーチのスラスト力に対抗することを提案したのはOrdishらしい)。Ordishは先立つ1851年にクリスタルパレスのディテールに携わり、万博終了後のシドナムへの移築に際しては責任者となっていた。

Ordishは1851年に処女作の鉄橋を設計し、1866年にインドでOwen Jonesと鋳鉄製パヴィリオンを設計し、1886年に亡くなった。Owen Jonesはクリスタルパレスのインテリアデザイン(色彩計画)を担当した人物であるが、1865年にセントパンクラス駅併設のホテルの設計者選定コンペに指名参加して負けた人物でもある(勝ったのはご存知G.G.Scott)。

Ordishが活躍した1851年から1886年は、クリスタルパレスからセントパンクラス駅まで、すなわちイギリスが19世紀の鉄骨造建築をリードしていた時代に符合する(セントパンクラス駅は1889年にパリ万博の機械館にその座を奪われるまで「シングルスパンの最大構造物」だった)。そしてOwen Jonesはその始まりと終わりにおいてOrdishと接点があったように思える。

ところでV&AでそのOwen Jonesの回顧展を見たことがある。

19世紀初めのリヴァイヴァル流行の中で、古い聖堂の内部が色鮮やかに彩色されていたことが発見された時代。彼は旅行先のアテネでGottfried Semperのアシスタントと知り合い一緒にエジプトまで旅する。カイロでイスラム建築に出会い、軍艦をヒッチハイクしながらイスタンブール、グラナダへとさらに進んでいく。彼はイスラム建築の装飾文様の中に「より高度な真実」を見出して、その文様の背後にあるシステムを明らかにするべく実測調査を開始する。アルハンブラ宮殿での6ヶ月に及ぶ調査のなかでエジプトから一緒に旅をしてきた共同研究者がコレラで死亡するが、ロンドンへ戻った彼はその調査結果を出版し、研究成果を元に1851年の博覧会でクリスタルパレス内装の色彩計画を一任される。幾何学文様を施された織物が天井から一定間隔で吊り下げられ何重にも重なり合うことで「もやもやと不明瞭な」雰囲気を持ったインテリアとなる予定だったがそれは実現しなかった。彼は大英博物館やルーブル美術館に足を運んで文様の研究を続け、大学の講義中に使用した図版を『装飾の文法』としてまとめる。当時最新鋭の顕微鏡によって明らかになった植物の細胞組成を文様として応用したりもした。文様による効果だけでなくその効果を成り立たせる文様の生成システムを研究したことで、後年の彼は方眼紙の上に自由に文様を自作できるようになる。建築の実作には恵まれず、その成果は壁紙やトランプとして販売されるにとどまったが、『装飾の文法』は150年たった今も増刷されている。

彼は自然にあるものを用いた文様に傾斜していくが、形態をそのまま模倣することは厳しく避ける。たとえば壁紙においては、花そのものを直接的に模写して敷き詰めてしまうと、壁の「flatness」が失われてしまうと言うのである。平面性が失われるということは構造的な機能の話をしているのかとはじめ誤読したのだが、おそらくこれは視覚効果のことを言っているのだろう。花の持つ要素を抽象化して単純な幾何学模様の繰り返しに陳腐化することで、注意を散漫にしてひとつひとつの模様に注視しないように仕向ける(flatness)。そして無意識の部分に、模様全体が群として面的に働きかけるという。

現存していないので空間体験はできないが、クリスタルパレスの内装は赤青黄に塗り分けられていた。また、セントパンクラス駅の大屋根は建設から復元までの120年間に18回塗り替えられている。軽いこと(light)が薄っぺらいこと(slight)と揶揄されることもあった時代に、物質量的には研ぎ澄まされながらも、体験上なんらかの効果を補完するために、色彩や文様(重量=ゼロ)といった「表面処理」が意味を持ったのではないか。そんな時代に『装飾の文法』を著したOwen Jonesと、彼の言う「flatness」(要素の抽象化と繰り返し、それによる無意識下の視覚効果?)が気になる。

]]>
http://sharisharishari.com/2011/12/lightness-in-19c-1/feed/ 0
Lighting Design Competition / あかりコンペ2011 http://sharisharishari.com/2011/08/lighting-design-competition/ http://sharisharishari.com/2011/08/lighting-design-competition/#comments Tue, 30 Aug 2011 23:28:37 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=105

光に依って紡がれる対話 -Parametric Module-

We have proposed flexible module with LED, which embedded into benches in the train, for instance. This Light will inform the appropriate space for one people, not too much but fit depending on height or weight especially width of body, then interaction  between human and machine will happen, and human side  can again re-think about own space. For example machine will afford tight pitch when the train is crowded in the morning, on the other hand, otherwise it will be kept wider pitch when it was not crowded.

LEDライトによって映し出されたグリッドで身長や体重などの身体から発生するモジュロールと場に求められる状況にあわせてインタラクティブに空間を視覚化します。従来のライティングと違い空間のほうから人間にフィットする装置を用意することによって利用者は空間からの応答を受け取り、自身の振る舞いを考えることができます。
例えば、電車内で乗客が最初に座席に座ると場所と人の幅、混雑時間帯によってLEDの光が残り座席を分割します。それによって、状況にあった適切な座席数を乗客に知らせることができます。また、その場の座席数を明確にすることによって利用者同士の席の譲り合いなどを促します。このように、電車内の他にもLEDが様々な状況に応じて人と空間の新たな対話を生み出します。

]]>
http://sharisharishari.com/2011/08/lighting-design-competition/feed/ 0
Meditation on Don Quixote 1 / ドンキホーテを巡る思索1 http://sharisharishari.com/2011/08/meditation-on-don-quixote-1/ http://sharisharishari.com/2011/08/meditation-on-don-quixote-1/#comments Mon, 15 Aug 2011 20:31:53 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=91

 

How many trees make up a forest? How many houses a city? As the peasant from Poitiers sang,
“La hauter des maisons
empeche de voir la ville,”
or, as the Germanic proverb goes, one cannot see the forest for the trees. Forest and city are two things essentially deep, and depth is fatally condemned to become a surface if it wants to be visible.
いったい、何本の木があれば森になるのだろう?そしていくつの家で町となるのか?ポワティエの百姓の歌うところによれば、
「家々の高さが、町を見るのを妨げる」
のである。またゲルマン民族の格言は、木を見て森を見ず、と言う。森と町は本質的に深遠なものであって、もしその深さが自己を顕したいのなら、宿命的に、表面的なものに変わらなければならない。
(「ドンキホーテをめぐる思索」オルテガ・イー・ガゼット著、佐々木孝訳、1987年)

Don Quixote’s Shirt-less shirt / ドン・キホーテのシャツレスシャツ

Space between object and object, texts and texts, word and word.

The space between object and object is not always a void but there is imaginary space that we can construct. The Shirt-less shirt attempts to seek for this unseen space. “Double-child” represents the third existence between two children. Doll designed by Hans Bellmer also connotes this.

In terms of topological sense, coffee cup and donut, which are different geometry and separated objects in real space, are not distinguished. Idea of homotopy, continuous deformation of geometry, allow us to imagine the gaps between the objects.

In our imagination there is continuous deformation between two (or more) objects of interpretation of environmental but this is not generallized or visualised.

The Shirt-less shirt attempt to visualise the space that is not seen, or missing.

posted by: takishii : http://d.hatena.ne.jp/tak-ishii/

]]>
http://sharisharishari.com/2011/08/meditation-on-don-quixote-1/feed/ 2
KAGAWA COMPETITIONキャッスルプロムナードコンペ IN 香川 http://sharisharishari.com/2011/08/kawgawa-competition/ http://sharisharishari.com/2011/08/kawgawa-competition/#comments Sun, 14 Aug 2011 16:22:44 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=69 5 small 6 10 11small 12 14smal 15 KAGAWA compe final_Page_01 KAGAWA compe final_Page_02 KAGAWA compe final_Page_03 KAGAWA compe final_Page_04 KAGAWA compe final_Page_07 KAGAWA compe final_Page_08 KAGAWA compe final_Page_09 KAGAWA compe final_Page_13 KAGAWA compe final_Page_16 KAGAWA compe final_Page_17 KAGAWA compe final_Page_18 KAGAWA compe final_Page_19 KAGAWA compe final_Page_20 Castle Simulation

We have done one competition 2010 in Kagawa, Japan, about plomnade besides a sea and traditional castle, but unfortunately this proposal lost. We propose landscape design and aquamarine space for visitor from out side, this architecture is also a building for a wall when the Tunami or hight sea level attack, so we kept 4.2m from sea level continuously. We did a lot of environmental analysis and simulations for justify our shape, and it was great step for shari’s work.

デザインテーマ

玉藻城の景観と、陸と海の境界であるという敷地の環境的特長に着目した上で、訪れる人すべてが水と土に親しめる空間を、都市的またエンジニアリング的アプローチによってマスタープランとディテールという大小のスケール双方から実現することが本提案のテーマです。

基本コンセプトの配慮内容

という大小のスケール双方から実現することが本提案のテーマです。今回の提案では、一定高さの壁を均一に配して護岸とするのではなく、起伏のあるランドスケープが全体として護岸の必要な高さ(4.2メートル)を実現することとし、海側には満潮時には沈んでしまう場所や磯だまりを設けました。ゆるやかに傾斜して海に入っていく磯空間は、潮の満ち干きの間に、磯辺の生き物や波と親しむ親水空間となります。現在対象敷地は、玉藻城を模して整備された玉藻緑地と、駐車場を兼ねたフェリーターミナルの東西二箇所に分かれて整備されています。そのため西側に位置するサンポート高松から始まる海岸線に平行な遊歩道空間が、東側に位置する高浜アレーなどのエリアに到達する前に途切れてしまっています。われわれの提案では、この分断を解消するために敷地全体を再編成したうえで、瀬戸内海と玉藻公園の緑をそれぞれ敷地内に取り込むことを試みることで、そこにあったかもしれない、誰もがなつかしく思える場所をつくります。訪れたひとが歩くべき道をはっきりと規定するのではなく、小さな丘の連続によってできるランドスケープ全体がプロムナードとなり、ゆるやかな勾配を上ったり降りたりすることで道を外れて自由に逍遥できる空間をつくりだします。海側と陸側の境界となる尾根は自転車の走行用に整備され、またランドスケープと一体化したベンチが配されています。小さな丘の集まりがつくりだす起伏はランドスケープ上に多様な場所をつくり、それぞれに適した機能が割り当てられています。対象敷地は将来的に再整備され天守閣が復元される予定である玉藻城の、海から見た壮麗な威容を称えるように整備されることが望ましいと考えます。ゆるやかな起伏を持ったランドスケープは港沿いに整備され点在する遊歩道空間をつなげるものである一方で、丘の下にはいくつかの固定された機能が収められています。資料館やカフェといった施設は、周囲の施設からあふれた活動を収めることができ、またプロムナードにひとびとを引き寄せるアトラクションとなります。応募作品中の「敷地の歴史と周囲の施設との連携」および「コンセプト説明」の項で詳細に説明していますので参照してください。

デザインの特徴およびアピールポイント

本プロムナードの提案では、遊歩道は300メートルにわたる敷地の中心を、海側と陸側を上下左右にうねる様にして流れています。上下に緩やかにうねるプロムナードの最低高度は、海抜から常に4.2メートル以上の高さにあり、これは高潮対策に必要な4.2mの構造物として機能しています。 そのため、プロムナードを中心として陸側には海水が浸水してこない配慮がされています。浸水を停めるだけでなく、その複雑・立体的なうねりによってプロムナードの廻りには多様なアクティビティを可能性にした緩やかな高低差が作られています。また我々の提案するプロムナードにとって最も重要な構成素材は「水」であると考えます。海水と素材の無理の無い組み合わせが、水と人々との親密な関係を築き上げる事につながるのではないでしょうか。プロムナードに沿って海側と陸側にそれぞれ配された、磯辺と丘のふたつの自然環境は、香川県に生息する多様な生き物を呼び寄せる里山となることを想定しています。香川県の策定した「いきものにぎわい作戦」で述べられているように、日常生活に近い場所に香川県の特徴的な自然環境を凝縮したような場所を設けることで、プロムナードを逍遥しながら自然と生物多様性の重要性についてより身近に感じられるような場所を目指しています。また本提案の実現性を確認するために環境的・構造的な解析を行いました。応募作品中の「イメージパース」および「マスタープラン」「エンジニアリングレポート」の項で詳細に説明していますので参照してください。本提案では、「水」と「土」の触れ合いを楽しむためのディテールを提案しています。我々の提案するプロムナードは瀬戸内海の「海水」と玉藻城側に広がる内陸の風景つまり「土」と、人の触れ合いを特別な形で提供したいと考えています。また本提案に類似した港湾地区のランドスケーププロジェクトには、以下のようなものがあります。福岡アイランドシティ中央公園 中核施設 ぐりんぐりん (伊東豊雄建築設計事務所 2005)、ブルックリン・ブリッジ・パーク(MVVA 、2012より着工予定)、横浜港大さん橋国際客船ターミナル(Foreign Office Architects、 2002)。応募作品中の「プロジェクト・ドローイング」および「参考プロジェクト」の項で詳細に述べられていますので参照してください。

キャッスルプロムナード活用方策

プロムナード西側端部は現提案では高台になっており、これはプロムナード整備範囲外のハーバープロムナードの「高松コリドー」との将来的な接続を考慮したデザインになっています。全長186メートルの「高松コリドー」と全長330メートルの「キャッスルプロムナード」を後に接続する事が可能であれば、 海岸沿いの魅力的な海辺空間を創出する事ができると考えています。また玉藻城の堀と瀬戸内海をつなぐプロムナードの敷地内に、窪んだ地形を計画し、地下にもぐって現況では見ることのない水路を、可視化し、小さな憩いの場所として提案しています。池の廻りの地形は屋外劇場 と同様に、緩やかな傾斜をもった地形になっているため、池を中心に人々が好きずきの場所に座り、玉藻城を眺めくつろげる空間となっています。ランドスケープの緩やかな傾斜を活かして階段状の屋外劇場をプロムナードの一部として提案しています。半円状の客席は玉藻城を向く様に配置され、ステージは玉藻城を背景として配置される事を想定しています。この野外劇場は基本的にプロムナードに属する屋外施設ですが、玉藻城に隣接する県民ホールをはじめ、他施設が連携して使用できる場所として機能する事もできます。ランドスケープ上には生物が棲息できる人工的自然環境を提案しています。階段状になった地形に大小さまざまな小石を並べ、藻類などが生息できる「磯」のような環境を提案しています。潮の満ち引きによっては「しおだまり」ができるような地形にしているため、小石の間や裂け目に生物のかくれがが自然とできることを想定しています。全長約380メートルのプロムナードは整備範囲をうねる様にして配置されています。プロムナードは地形の最も高い位置に配置され、瀬戸内海側の「海」と玉藻城側の「陸」を緩やかに横断し、どの地点からも見晴らしのよい景色が確保されています。水路の池、野外劇場、ビオトープ、はこのプロムナードからスムーズにアクセスする事が可能です。プロム ナードへの基本的なアクセスは西側(駅方面)からと県民ホールのある東側からのアプローチを考えています。現存する歩道橋からプロムナードへのアクセスをスムーズにする為に歩道橋の踊り場とプロムナードの東端部は同じ高さに合わせる事を提案しています。またプロムナード下部の内部空間へのメインエントランスは東側に設置されています。内部には公共にオープンされた展示空間を想定しています。例えば空間の半分を玉藻城に関する常設の資料館として使用し残りの半分を県民ホール、県立ミュージアム、高松市美術館、県庁、あるいは香川大学などの教育機関が利用可能な場所としても利用できます。内部空間の上部を走るプロムナードの一部は半透明の強化ガラスでできており、内部のカフェ、アクアリウム、展示空間、エントランス、事務室、管理室に光を落としています。光を通す窓でもあり、一方で道の形をした光は、現在地を確認するサインとしても機能しています。

ターミナルビル1階の活用方策

現在対象敷地内の玉藻緑地に設置されている時報塔を移設し、資料館として利用します。本提案中に設けられている展示室と連携し、水城である玉藻城を中心とした高松と瀬戸内海の郷土の歴史を解説する資料館として利用します。また、海岸沿いの遊歩道空間をサンポート高松から高松コリドーを経てキャッスルプロムナードに接続することによって、その経路上にあるターミナルビルへの集客効果を期待しています。応募作品中の「敷地の歴史と周囲の施設との連携」および「マスタープラン」の項で詳細に述べられていますので参照してください。地中に埋まった馬蹄型の空間はカフェアクアリウムです。海側は強化ガラス+飛散防止フィルムによって保護されています。潮の満ち引きによって海面高が変化し、海面が高い時には水中が眺められ自然の水族館のような空間になります。また潮が引いた時には潮溜まりがガラスの前に出現します。地下空間にアクセスするためのメインエントランスは東側に設けてあります。このエントランス空間では地域情報の収集やそれらを交換する憩いの場として機能する事が望ましいと考えています。また本提案では電気・空調設備等の機械室、倉庫、事務室またプロムナードで働く方々のバックヤードも考慮されています。応募作品中の「マスタープラン」および「ランドスケープに関するレポート」の項で詳細に説明していますので参照してください。

]]>
http://sharisharishari.com/2011/08/kawgawa-competition/feed/ 0
TRAIN STATION DESIGN COMPETITION, GUNMA JAPAN, 2011 「紡がれていく駅」 上州富岡駅舎設計提案競技 http://sharisharishari.com/2011/08/train-station-design-competition-gunma-japan-2011/ http://sharisharishari.com/2011/08/train-station-design-competition-gunma-japan-2011/#comments Sun, 14 Aug 2011 16:09:30 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=65

sharisharishari collaborated with Emeraude Architectural Laboratory Co.Ltd to submit this entry to the competition held in Japan in June 2011. This design proposal was inspired by traditional silk industry in this local area. We proposed a structure like spinning wheel and silk strings and embodied time/process within the structure. We design the station as a cultural spinning wheel of local history/memory.

本提案においてsharisharishariはエムロード環境造形研究所と恊働し上州富岡駅設計提案競技に参加した。

紡がれていく駅

富岡製糸場(世界遺産)の玄関口にふさわしい駅舎空間

それは富岡製糸場の誇りと未来の富岡市のために、ひとびとのための空間を一緒につくりあげられるような、デザインのなかに将来の変化をあらかじめ内包した、みなで歴史を紡ぎ上げていく駅である。通路も休憩スペースも、そして駅舎としての必要居室たちも、周囲の「通り」の延長のように外部と優しく連続し、駅舎空間そのものが「糸のまち」を象徴するシンボル性を秘めながら市民の生活空間へと溶け出す。季節・気候・風土…、世界遺産を目指す富岡の様々な状況が市民と共に変化し成長し続ける、そんな象徴の場として成立する空間を目指した。箱のなかの生活からもれてくるひかりと、床下からライトアップされたファサードが、周囲にやわらかな光を投げかける。

富岡製糸場の最先端追求の気概を継承した構造デザイン ひとつひとつは弱い部材が重なり合い、繊細でありながら安全で安震な構造となる

構造のコンセプト ? 糸繰りと絹糸

単位面積あたりでは鋼材と同じ強さを持つと言われる絹糸。本提案における繊維状の構造とファサードのシステムは、絹糸を繰る際の糸車と糸になぞらえることができる。 内側から外に突っ張るフレームを、外側からテンションロッドが押さえ込む、緊張感のある構造である。テンションロッドはどぶ付けメッキされた鋼材のワイヤーである。長期荷重は内部の糸車状の構造で支えるが、地震荷重風荷重などの短期水平荷重にはこのテンションロッドが利く。フレーム上にぐるりと一周巻き付けることで、この抵抗力はあらゆる方向に対して働いている。 安全で安震な構造である。箱は、地上部分にあるものも含めて、地面には触れること無くフレームの中で浮いている。このことにより、電車の進入に伴う地表面の揺れから、内部空間の振動を軽減することができる。内部の構造に働く圧縮力と、ファサード表面に働く引張力は、建物全体に緊張感のある動的平衡状態な構造をつくりだす。ひとつひとつは弱いものが重なり合って全体構造を支えている。またこれは将来的に糸の数を減らしたり増やしたりすることも許容する、あらかじめ変化を内包したデザインである。コミュニティが必要とする機能を設計段階で反映させながら箱を付け替え、それに応じてロッドの引張力を調整することで、地域の歴史が紡がれるようにファサードをつくりあげていくことが可能である。

ファサードと空間のコンセプト ? 繊維状のファサード

レンガ倉庫や富岡製糸場における組石造の重厚な構造(圧縮力)に対して、糸から布へと徐々に変化するような軽やかで繊維状の構造(引張力)がファサードに表れた建築を提案する。 ファサードの内部では、駅としての機能を納めたコアとしての箱の周りに、駅とランドスケープの中間のような、人の集まれる空間が生まれる。周辺環境に応じて敷地内を5つのゾーンに分け、それらの要素が敷地内にとけ込んできたようなオープンスペースが生まれるように箱を配置する。その上で、繊維状のファサードが敷地境界上をゆるやかに区切る。 ロッドが床下に巻き込んでいく様子は床端部の隙間から見える。

構造解析 ? ANSYSを使ったモデリングによる構造の検討過程

提案している構造をモデル化し、垂直方向に働く長期荷重(自重)フレームに平行に働く水平短期荷重、直交に働く水平短期荷重、それぞれについて構造解析を行い、変形量の大小を比較した。(4本のフレームのうち下の2本は地中で固定されている)。内部フレームのみによるモデルでは、特に水平荷重に対して、上部のフレームや箱などに変位の大きな部分が見られる。テンションロッドを垂直に張った場合、内部フレームのみの場合に比べて長期荷重に対しての変位量に改善が見られるが、水平荷重に対しては変位の大きい部分が見られる。テンションロッドを斜めに傾けてランダムに張った場合、垂直に張った場合と同様に長期荷重に対しての変位量に改善が見られるほか、水平荷重に対しても大きな改善が見られる。ゆえに、ランダムに張られたテンションロッドのファサードは地震等に対して強い。構造解析ソフトによるモデリングによって、ランダムに見えながらも合理的なテンションロッドの配置を導きだす。

駅を中心とした人に優しい地域拠点として、 紡がれたファサードの中で箱と箱のあいだに生まれたヒューマンスケールの空間が、歴史ある富岡と新しい富岡のいきいきとした出会いの場をつくりだす

周辺ランドスケープとの連続性を意識して機能の配置する。乗客が利用する施設は地上部に、管理施設は駅舎全体を見渡せるように空中に配置されている。 箱の大きさや高さの違いが、機能の違いを視覚的に示唆する。オープンスペースに面した箱の側面には電鉄や富岡製糸場の情報が掲示される。訪れたひとは箱の間の空間を自由に逍遙し休むことができるが、雨よけ風よけのある待合室も改札の西側に用意されている。敷地が道路や線路と接する付近では防音のためにファサードの線材が密になり、人の出入りが多い改札付近では開口のため疎になっている。電鉄事務室を挟んで改札西側の待合室付近では、ファサードの線材が密になり布のようになっているだけでなく風よけも設けられている。

コスト縮減や維持管理の配慮

ファサード:耐候性の処理を施した無数のスチール製テンションロッドがつくる繊維質の立面は、いわば橋梁や鉄塔のような工作物として建築的造作工事の不要な構造体となる。これが工期を大幅に削減できる要素ともなっている。
箱とフレーム:構造体の組み立てと平行してあらかじめ工場でできるだけ製作を進めておくことで、取り付け工事着工前からエリア外に任意に設置することが可能であり、駅事務室やハイヤー事務室などをあらかじめ工事中の仮設駅舎として利用することでコストを削減する。 また箱に必要最低限の機能だけをコンパクトに納めることにより、気積の小ささが空調負荷を軽減し維持管理のコストを下げる。
地形:ランドスケープの連続としての対候性のウッドデッキは 歩行困難者のためにレベル差のない移動等円滑化経路を確保したうえで、ゆるやかな起伏を持ち、箱との関係で敷地全体にさまざまな待ち合いスペースをつくる。
敷地:ホームは現状を生かし、スロープの下端と現踏切位置の交差部分に改札を設ける。ほりこまれた地形の下の空間には非常時のための備蓄倉庫を設けることができる。また、小さな部材の集積からなる大空間は、施工時において限られたスペースでの作業を可能にする。

]]>
http://sharisharishari.com/2011/08/train-station-design-competition-gunma-japan-2011/feed/ 0
CRYSTAL HILL, FS COMPETITION 2011, UK http://sharisharishari.com/2011/08/crystal-hill-fs-competition-2011-uk/ http://sharisharishari.com/2011/08/crystal-hill-fs-competition-2011-uk/#comments Sun, 14 Aug 2011 15:46:45 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=60

This roundabout’s characteristic central reserve is45 m square:Here is the cross point of the Old Street and the CityRoad. There are a few trees and a huge monumentfor advertisement.And people cannot enter into this space.There is Old Street underground station in itsbasement.Old Street station is one of the station of BankBranch in Northern Line. This branch connects fromKing’s Cross to London Bridge.Ticket gates are on the basement as well.The fl oor is confusing regarding circulation, becausethere are eight approaches to the ground.The pavements are narrow on the ground. Becauseeach corner has two exits from basement station.There are four corners. In total, there are eightapproaches.Old Street Roundabout is an access point to HoxtonSquare which is full of pubs and galleries.The south side of this site is covered with shadowresulted from high residencial buildings besides it.Iconic plan.- The site is an iconic space on the map because of itscharacteristic roundabout as a central reserve.-And when people enter this intersection,they can recognize that they are in the Old Street.-They can access to the roundabout, but there isno space for activities.Quite poor environment of the station-This station has few buildings on the ground levelso most of the things are arranged in the basement.When people use underground, they have to go downto basement with ramps or stairs.- Users’ impression about this station is dark, dirty andsmelly.-Homeless peoples have been frequently occupyingsome parts of the fl oor.The circulations are confusing.-Exits of the station are not easy to understand.All of the direction has two approaches, north, south,east and west. Therefore there are eight approaches intotal.-The connections and accessibility are not pertinent betweenone coner to another.-If people wanted to go to opposite side, they may eithergo back to basement or walk a long distance to reachanother coner using the ground level.

The project attempts to change the traffic pointto the community center which not only meets essential function for tube station, but also providesversatile open space with fresh grasslands, running water, fl owing wind and warm sunshine, togetherwith varied shops, all acting as an oasis regionally.The main idea of the design reveals that a land, gently turned over, is divided by the construction lines from block corners, forming the pattern of structure and differentiated spaces.The proposal mainly consists of four elements.Crystal Plaza, an artificial hill, allows different activitieshappen on site, with linear grasslands referring to the under ground tube track and with channeled waterrunning from top of the hill to the bottom. The hill is supported by several glass constructed walls, shapingdiverse spacial atmosphere resulting from different transparency and texture of glass. Furthermore, waterfallgenerated from the edge of the hill, creates a dynamic facade according to different condition of sunlight and light design at night, and it also can be utilized as a screen, projected rich information and advertisement.Lastly, underground level offers major entrance for Old Street Station and great diversity of shops surrounding the hill which will continue and boost the development oflocal economy. Natural ventilation is highly considered in this project, which creates higher velocity of wind at the top of the hill resulting in lower air pressure, and at thesame time creates lower velocity of wind at the bottom,generating higher air pressure. Therefore air inside the building is driven to external environment.

]]>
http://sharisharishari.com/2011/08/crystal-hill-fs-competition-2011-uk/feed/ 2
Hong Kong International Competition http://sharisharishari.com/2011/08/hong-kong-international-competition/ http://sharisharishari.com/2011/08/hong-kong-international-competition/#comments Fri, 12 Aug 2011 16:49:52 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=48

Design Description
Its function more traditional border control building to check through the passive vehicle and passengers, to some extent give the impression to hinder communication. To this end we think we should give the building a more positive features to appeal to people actively use buildings. In order to reflect the depth / cross-border cooperation with Italy, we will set up an attractive entertainment features between Hong Kong and Shenzhen ports, making a total shared by both areas. Even if two people go to another place, this building can also be used to its entertainment function.
On the other hand, this architecture as a symbol of cooperation between the two places open, we hope to witness the building itself through co-operation over time, increasing prosperity. Therefore, we pick up the original base in Hong Kong for the elements on the lush green belt, green seeds will be planted in the roof of our building on the organic body, as time goes on, the green seed rooted in architecture, lush prosperity and ultimately become linked two to the ‘eco-green bridge’.
For the local climate is hot and humid all year round, good natural ventilation and energy conservation can play a significant role in environmental protection. By fluid dynamics (CFX) analysis to find out the relatively low pressure area. In these areas turn skylight on the roof, use and poor indoor air travel to get a good pull out the wind effect. At the same time for the sunshine through the analysis of the study, the number of skylights will open at a reasonable range, both to ensure indoor lighting, while avoiding too much sunlight to accept the heat.

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

设计说明

传统边检建筑其功能多为被动式地检查通过车辆与旅客,某种程度上给人以阻碍交流的印象。为此我们认为应该赋予建筑更为积极的功能来吸引力人们主动地使用建筑。为了反映出深/港两地合作的意含,我们将富有吸引力的娱乐功能设置于香港与深圳口岸之间,使之成为被两地共有的共享地带。两地居民即使不去另一地,也能够来此建筑中使用其娱乐功能。

另一方面,此建筑作为两地开放合作的象征,我们希望能通过建筑本身见证两地合作随时间推移不断繁荣。因此,我们拾取原有香港基地上茂密的绿带为元素,将绿色种子种植在我们建筑有机形体的屋顶上,随着时间的推移,绿色的种子扎根于建筑上,茂密繁荣,最终成为联系两地的‘生态绿桥’。

对于处于常年湿热的当地气候,良好的自然通风作用可以显著起到节能环保作用。通过流体力学(CFX)分析,寻找出相对低风压区域。在这些区域的屋顶上开启天窗,利用与室内行程气压差,从而获得良好的向外拔风作用。同时通过对于日照分析的研究,将开启天窗的数量控制在合理范围,既保证室内照明,同时又避免接受过多的日照热量。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

デザインの説明

ある程度、受動的車両と乗客を介してチェックするために、その機能、より伝統的な国境管理の建物は、通信を妨害するような印象を与える。この目的のために我々は人々が積極的に建物を使用するためにアピールする建物の多くの肯定的な機能を提供すべきだと思う。深さ/イタリアとの国境を越えた協力を反映させるために、我々は両方の領域で共有される合計を作り、香港と深センのポート間で魅力的なエンターテイメント機能を設定します。二人が別の場所に行く場合でも、この建物は、そのエンターテイメント機能にも使用できます。
一方、このアーキテクチャは、オープンつの場所間の協力のシンボルとして、我々は繁栄を増やす、時間をかけて協力を通じて、建物自体を目撃したいと考えています。したがって、我々は豊かな緑のベルト上の要素のために香港にオリジナルのベースをピックアップ、緑色の種子は、時間が経つにつれて、有機体内で私たちの建物の屋根に植えられ、建築に根ざした緑の種子、緑豊かな繁栄と最終的に二つにリンクすることができるようになります”エコグリーンブリッジ”へ。
地域の気候は高温多湿であるため、一年中、良好な自然換気と省エネは、環境保護において重要な役割を果たすことができます。流体力学(CFX)の分析により、比較的低い圧力の領域を見つけるために。これらの地域では良いを得るために屋根、使用および悪い屋内空気の旅に天窓を回し風の効果を引き出します。調査の分析を通して日照のために、同時に、天窓の数は、熱を受け入れるようにあまりにも多くの日光を避けながら、室内の照明を確保するために、両方の、合理的な範囲で開きます。

]]>
http://sharisharishari.com/2011/08/hong-kong-international-competition/feed/ 0
LRT Station Design Competition, Okayama Japan, 2010 「様相の屋根」 吉備線LRT駅デザインコンペティション http://sharisharishari.com/2011/08/lrt-station-design-competition-okayama-japan-2010/ http://sharisharishari.com/2011/08/lrt-station-design-competition-okayama-japan-2010/#comments Tue, 09 Aug 2011 17:45:12 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=28

We have got 1st prize in this competition in 2010, with architect and programmer, this looks like a research paper cos we did some experiment for this kinetic component. In this proposal we thought the site is a one whole square but not dividing by each function like a traditional architectural planning, and covered with kinetic and ephemeral roof made by tensegrity , this roof will move kinetically with artificial musle and afford the activity below with controlling environmental stimulus.

僕たちは今回のコンペに、プログラマと建築家によるチームを構成して参加しました。香川大学で情報システム工学を専攻する学生と、ロンドンを拠点に活動している建築グループのコラボレーションによるものです。日本とイギリスの間で9時間の時差の壁を越えてコミュニケーションをとり、提出期限ぎりぎりまで議論をしながら進めました。プログラムを使った解析だけでなく実際に模型を制作し実証実験もしているので、コンペ案のプレゼンテーションは研究レポートのように見えるかもしれません。 対象敷地全体とその周辺をひとつの大きな広場とみなし、広場を覆うキネティックでやわらかい大屋根を提案しました。異なる性質を持った無数の小さな屋根の集合でできているこの大屋根は、自然環境による影響を受けてゆるやかに振動するフィルターとなり、LRT駅と一体になった広場に異なる性質をもった偏りのある場所をつくります。プロセシング上で開発したコンピュータプログラムをつかった解析により、精緻でありながら同時に自然でもある平面計画と大屋根のジオメトリーの決定法を、スプリングモデルを使って提案しました。 僕たちが提案したLRT駅広場において、機能は文字通り漂っています。そしてそれらを固定することがそれほど決定的なこととして扱われていません。僕らが今回提案したのは建築をつくるための文法のようなもので、プランを変える必要があれば建築家ではない人間が自由に変えていってもいいのです。建築のカタチの決定と、その裏にある約束事の設計が、独立しつつあると言えるかもしれません。コンペ案では約束事をデザインし、与条件に合わせてその境界条件を決め、最終的なカタチの決定のためには使われ方が想像しやすい3つのモードを仮に想定しました。その先の可能性としては、時間軸にそって変化成長していく「プログラマブル」な環境というものがありますが、プログラマブルな建築とはなんでしょうか。僕らが解析に使ったプロセシングのプログラムでは、300足らずの基本的な構文だけで、ユーザーは無限に近いことができます。それを建築におきかえたらどうなるでしょうか。空間をオープンソースにして、その組み合わせでものを自由につくるような枠組、それを継続的に新陳代謝できるようにするソフトによって、ハードとしての建築はもっとずっと軽いものになるのではないか、というのが僕らの提案したかったことです。異なる性質を持つ無数の小さな屋根がジオメトリーの変形により重なり合ったときに生まれる効果を予測するプログラムや、下に発生したアクティヴィティから再び大屋根のジオメトリーにフィードバックする物理的機構はまだ完成していませんが、それらが完成したときには実現するであろう空間をコンペ案では提示しました。

1 small 2samll デフォメーション全体 copy デフォメーション全体2 copy 001 002 003 004 005 006 007 008 009 010 RoofOfModality

 

 

 

 

 

 

 

]]>
http://sharisharishari.com/2011/08/lrt-station-design-competition-okayama-japan-2010/feed/ 0
lightness flatness softness #2 http://sharisharishari.com/2011/08/lightness-flatness-softness-2/ http://sharisharishari.com/2011/08/lightness-flatness-softness-2/#comments Tue, 09 Aug 2011 17:34:39 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=26 lightness flatness softness #2

text by yosuke komiyama

My interest in lightness resulted in my master thesis, “about the receipt process of “light construction” in an architectural situation of Britain in the 19th century” in 2007. I researched about early iron construction in UK (1840s ? 1890s) to look for the origin of lightness. I would like to spend a couple of posts to explore this topic further.

軽い建築への興味から始まり、修士論文では『19世紀英国の建築状況における軽い建築の受容過程について』として、1840?1890年代のイギリスの初期鉄骨造建築の発展とそこに見られる軽い建築の起源を追いました。修士論文では追いきれなかったことをこの場所を使ってさらに補完していければと考えています。

0  建築がモノへと回帰する

「君は、自分の建物の重量を知っているかい?」これは、イギリスのハイテック建築家N.フォスターが、後に彼の代表作となるセインズベリーセンターの現場を訪れた際に、同行したR.B.フラーから質問されたとされる問いである。部材質量あたりの性能を高めて軽量な構造を目指すハイテックの思想は、現代におけるサステイナブル・デザインのエネルギー志向でアクティブな一翼を担っている。軽い建築を考えること、それは建築を成り立たせている仕組みや技術に意識的になること。19世紀に生まれる鉄骨造建築は、柱とまぐさ、量塊と空間の比例といった伝統的な建築のコンセプトと真っ向から対立するものであり、lightはslight薄っぺらとして揶揄されることもあった。しかし軽さというのは、重量があって初めて実感されるものなのであり、社会的要請に基づいた当時の技術力における最先端なハイテク建築だったはずである。軽い建築、それは、軽快で、軽量で、(そして軽薄な?)建築。以下、19世紀英国を題材に、初期鉄骨造建築の成立背景と受容過程、結果と影響を追っていく。

1  受容の前提条件として

技術の互換性

技術の互換性に基いた、異種産業間や海外への技術移転が、初期鉄骨造建築の進展に深く寄与した。1843年のbuilder誌に象徴的な二つの記事が記載されている。ひとつは飛行機の記事。鳥と人間の筋肉の相対的重さの隔たりから、人間が筋力を使って羽ばたいても空を飛ぶことは不可能であることはすでに知られていたが、鳥の飛行の原理を再現し機械的動力で翼を羽ばたく試みは18世紀末までつづいた。19世紀には、分離された揚力と推力を、それぞれ固定翼と推進装置(=プロペラ)に託しての飛行が試みられるようになるが、これもそうした試みの一つであった。もう一つは、アイアン・パレス。アフリカ・ナイジェリアの王エヤムボのためにリヴァプールの鉄商人によって建造されたという鉄製の宮殿建築である。鉄骨造建築のプレファブリケーションは1850年代ころまでにカタログ化され、住宅ばかりではなく、灯台や工場、教会までが植民地を中心に海外に輸出されていた。また、同じ鉄という素材を通して、技術移転も容易になった。技術には互換性があり、技術者は産業間を容易に越境できた。ある分野の発展が他の分野の進展さえも促してしまう仕組みであった。進化という言葉自体はもともと胚の成長をさしていたものだったが、それが拡大解釈されるようになったのも、19世紀中葉であった。鉄道と蒸気船によるネットワークが世界中を結び始めていた。

数量化と比較

事象を相対化し進歩の具合を客観的に評価する手法の誕生も19世紀の特徴であった。政治算術と称し国力を数値化して他の帝国主義諸国と比較することが行われた。エネルギー保存則や質量保存則が市民権を得るのも19世紀である。蒸気機関の登場は熱を力に変え不可視なるものにも評価基準を与えた。鉄骨造の設計図面には、断面詳細図とともにその保証荷重が記載された。規格化標準化されたカタログのなかでは、寸法や強度は数値であらわされ、実物を目にすることなく比較検討することができるようになった。万国博覧会のクリスタル・パレスの空間は二種類の階高と三種類の梁スパンのみで構成されていた。モノの重量は、資源の採取と輸送にかかる時間とコストによって意識される。イギリスは中世以来、常に石炭を採掘し消費してきた。18世紀後半、揚水作業に蒸気力が導入されると、作業の安全性向上とともに、採掘がさらに深くまで可能になった。石炭が鉄の大量生産と鉄道の拡張を可能にし、鉄道が大建築物と橋梁構造物を必要とした。鉄道は、17世紀以来石炭鉱区で採用されてきたトラム軌道の発展形である。同一の牽引力でより多くの石炭を運ぶことができた。最初レールはオーク材の梁でできていたが、磨耗を減らすために鉄の保護板が取り付けられるようになり、18世紀の終わりには鋳鉄製のレールへと変わる。19世紀初期にはより安全な鍛鉄製のものへと代わる。丈夫な鋼の登場はジョイント数を減らし、客車の快適性向上と、車両の走行速度のアップに貢献した。1830年には、リヴァプールとマンチェスター間の48キロメートルが一時間で結ばれている。

技術と教育

イギリスでは、産業革命の技術革新は各工業の現場における熟練職人たちの経験と徒弟制度が生み出したものであって、学校教育とは無関係のものであった。19世紀になっても、社会の支配的な価値基準は人文主義を主体とするジェントルマンの教養にあり、1875年にケンブリッジに工学の講座が開かれるまで、工学は学位を与えるべき学課とは考えられていなかった。とはいえ、非国教派は技術教育に積極的だったと言われている。18世紀初頭、非国教派のクエイカー教徒はイギリスで稼動していた製鉄工場の半分を所有または経営し、自らの勢力圏内に科学を振興するアカデミーを建設していく。こうした非国教派の平和的科学振興の中から、アイアンブリッジを建設したダービー家が登場する。フランスのエコール・ポリテクニークはもともと軍の技術者学校である。イギリスでも技術者の職能組織はRIBA(1834)より早くから組織されていたが、教育機関とは結びつかなかった。フランスでは現場の技術よりも理論的側面が重んじられた。同じくイギリスを追う立場であったドイツでは産業を支えるための専門家の育成という点に重点がおかれた。

精錬法の変遷

自然界に酸化物の状態で存在している鉄は、炭素で還元して取り出される。16世紀の早期産業革命期には、木炭を使った製鉄が行われていたため、製鉄のための伐採で森林資源は枯渇し、同じく木材を資源としていた建築・造船等の産業も停滞することとなった。1709年のA.ダービーによるコークス製鉄法は、素材としての鉄とエネルギー源の石炭を分離することで、他の産業にも相乗的な波及効果を持ったのである。鉄骨造建築の材質は、その鉄成分中の炭素含有量の違いによって鋳鉄・錬鉄・鋼の三段階に大別できる。高炉でまず生産される鉄は銑鉄(それを鋳造した製品が鋳鉄)であり、それをさらに酸化反応で精錬したものが炭素量の少ない錬鉄(それを鍛錬した製品が鍛鉄)であり、さらにその間の範囲で炭素量の調整をしたものが各種の鋼である。19世紀の初め、構造用部材は鋳鉄製であったが、蒸気機関の導入とより精緻な精錬法の確立、そして圧延技術の進歩によって安価な錬鉄製品を大量に供給可能になった。

鋳鉄の内部構造は石のように粒状であるため、圧縮には強いが引張りには弱い。錬鉄は木のように繊維質であるため、圧縮にも引張りにも強く延性がある。鋳鉄のように一つ一つ鋳型に流して一品生産する鋳鉄は自由に形づくることができるため装飾に適している一方で、定まった断面形で圧延して必要な長さで切り取れる錬鉄は、規格化・標準化と相性がよい。また、そうしたパーツの組み合わせによって複雑な断面をつくることも行われた。錬鉄の部材は形のバリエーションに欠けていたため、錬鉄の構造物はしばしばおおざっぱで荒々しく見えてしまったため、鋳鉄と錬鉄が混用される場合には、自由に鋳造できる鋳鉄部分にはしばしば装飾が施された。鋼製品は1880年以降に生産量と種類が急速に増え始める。BSIが1901年に構造用鋼断面の標準規格を定めるまでは、個々の製造業者が製造した鋼製品の種類は必要以上に膨れ上がっていた。ドーマン・ロング商会の1887年の仕様書では、鋳鉄よりも品質が安定していると考えられていた錬鉄と鋼には、鋳鉄よりも低い安全率が採用されている。

接合法の変遷

アイアンブリッジの接合部には英国の伝統的な木構造の手法が用いられている。他にも初期の橋梁建築では、可鍛鉄のバンドや、みぞと実はぎによる差込みが接合部に用いられている。万国博覧会のクリスタル・パレスにおいてもまだ、細部には木造のディテールが踏襲されている。このことは鋳鉄部材製造の際の正確な鋳込み技術を裏付ける一方で、その最初期において鉄骨造が独自の構法技術をもたなかったことを意味している。鋳鉄柱はたいてい中空の円筒型で用いられ、梁を受けてその上の柱を支えるための軸受けが設けられた。鋳鉄造においては、圧縮力の伝達のための適正な接触面を確保できるように、部材間は平面で接触している必要がある。そのため鋳造面を平滑に機械加工したり、接合部材間に組積造同様の目地材や鉛の当てものを挿入する必要があった。ゆえに現代的な意味での鉄骨フレームを完成は、19世紀の後半に鋳鉄梁に取って代わったリヴェット打ちされた錬鉄製フレームの登場によって完成する。大きなサイズになると、アングルとプレートで構成されリヴェット打ち加工された桁が利用され、また時には、アングルは小さなプレートからなるラチス状になっていた。1859年には、W.ランキンの解説書のなかで、リヴェットの強度が定義され、1885年になると、ドイツでリヴェットデザインの具体的事例集成が出版されている。1839年にH.モーズリが毎分30個の穴をあける穿孔機を発明し、1850年にはW.フェアバーンが、蒸気ハンマーを改良してリヴェット打ち機をつくっている。鋳鉄はその炭素含有量の多さゆえ高温に熱すると割れてしまうため、錬鉄が登場するまでは溶接は不可能だった。溶接には、構造を単純化できるという利点がある。ボルト継ぎ手の場合は両側を挟む板が必要であるし、その板に穴を正確にあけなくてはならない。溶接にはそれらは必要ないから、使用する材料が少なくて軽くなるし、製品の加工も少なくてすむ。アーク溶接法は19世紀の終わりに発明され、まず造船業で適用された後に建築でも使われるようになったが、それ以前にも、部材を炉内で突き合わせる手段での初歩的な溶接合は行われていた。

越境する技術と技術者

蒸気機関においては、真鍮製のシリンダー、銅製のボイラー、木製のポンプ枠といったものが、より安価で高温・高圧に耐えられる丈夫な鉄に置き換えられていくと、機関内の圧力は以前よりも増し、性能向上につながっていった。イギリスの初期の建造技術者は、鉄道技術者であり、機械技術者でもあった。ある者は蒸気機関と灯台建設、またある者は蒸気機関車とトンネル建設、J.スティーブンソンは鉱山労働者・火夫助手・機関手・蒸気機関・蒸気機関車・機関車工場建設・鉄道・トンネル・橋梁技術者といった具合であった。鉄は建設材料であると同時に、より普遍的な構造材料だったからである。また鉄鋼業と鉄道業、建築業の関係を端的に表している例にアメリカの鉄鋼王A.カーネギーが挙げられる。1880年代後半に鉄道需要の頭打ちを予見した鉄鋼王カーネギーは建築用構造材に重点を移行する。果たして、90年代以降アメリカでは鋼構造の高層建築が盛んになったのであった。鉄道建設請負業者すなわちコントラクターたちも、やがて自ら鉄道を計画し、建設するようになる。1840年代の鉄道ブームまでは、コントラクターの活動基盤が確立する期間であった。1850年代には、国内における鉄道建設熱が収束し、コントラクターの活動の舞台は海外に移される。1860年代になると自己の利害を貫徹するために自ら国内の鉄道建設を計画するようになっていく。19世紀の温室建築では、木製枠よりも軽くスリムな構造の探求と、太陽光は直角に入射したときのみガラスを透過するという誤解によって、カーブした細いガラスグレージングが採用された。キューガーデンの計画では、R.ターナーが、造船分野で特許を取得したばかりの錬鉄製甲板梁を温室の骨組みに転用している。

以下続く

2 受容過程におけるクルドサックな技術

2-1 鋳鉄梁断面の変遷

2-2 耐火建築と鉄骨フレーム構造

2-3 プレファブリケーションとイギリスの世界戦略

3 「軽い建築」の受容

3-1 構造における真実性

3-2 装飾や色彩とともに

4 建築の技術と歴史 その直線的ではない進歩について

]]>
http://sharisharishari.com/2011/08/lightness-flatness-softness-2/feed/ 0
lightness flatness softness #1 http://sharisharishari.com/2011/08/lightness-flatness-softness-1/ http://sharisharishari.com/2011/08/lightness-flatness-softness-1/#comments Tue, 09 Aug 2011 17:30:48 +0000 hottakensuke http://sharisharishari.com/?p=24 lightness flatness softness #1

text by yosuke komiyama

As we proposed by the project “the roof of modality,” I’m interested in the architecture which is never finished/completed but always in transition. People may not even notice it’s an architecture in ordinary sense, but feel a built environment around. If this amorphous space can be made out of standardised ordinary building elements, it’s easy to understand/use/construct in phases but it’s beyond one’s control at the same time in large scale or in long term. There is no mandatory monolithic philosophy but a lot of everyday life dialogues within it.

「様相の屋根」で提案したような、いつまでも完成することのない変化し続ける建築に興味があります。それはデザインされた環境ですが、輪郭ははっきりしないので建築には見えないかもしれません。このアモルファスな空間が規格化された見慣れた部品でできていたらなら、手にした人にとってそれをどう使うかは一目瞭然であるし、建設も簡単でしょう。でも全体としては、ひとりの制作者が想像できる範囲を超えるようなものができるのではないかと思います。なにかひとつの強制的な教義にのっとってつくられるのではなく、無数の日常会話の集積によってできているような。

Richard Horden, who is famous for his micro architecture design methods and fetishism for architectural lightness, likes to use the word, “less architecture and more nature.” Nature is something not under control by a designer but under control by others and kept being driven by various parameters towards optimization by themselves. Minimising architecture is one way to get those “others” involved/penetrate into the design and help architecture adaptable for changes.

マイクロアーキテクチュアを使った教育や軽い建築へのフェティシズムで知られる建築家リチャード?ホールデンは、less architecture and more natureという言葉を好んで使います。自然は、デザイナーの制御下にはおけないものですが、最適化に向かって常に流れつづけるものです。建築する部分を最小化?不完全化し、そうした制御不能なものを始めから受け入れてデザインすることは、建築を変化に対応可能にする方法のひとつでしょう。

I like the way how the buildings are built in London where small practices have got equal chance to design large scale projects by teaming up with other small practices in a network. Their design manor is naturally consist of communication with “others.” Technologies such us BIM will accelerate it. A survey reported the BIM would empower large multidisciplinary practices in short term but in long term it “give them cause to reduce their practice to a very small core with established links to a range of cutting edge consultants ? working in a network in a more nimble manner.”

ロンドンで建築がつくられる方法が好きです。小さな設計事務所も、同様に小さな他の設計事務所とチームを組むことで、大きなプロジェクトに携わる機会が与えられます。それはそもそも設計とは多くの他人同士によるコミュニケーションによって衝突し合いながら進んでいくものだととらえられているからです。BIMのような情報共有化の道具はそれをさらに加速させていくでしょう。ある調査ではこう報告されています。「BIMは短期的には効率化によって巨大な国際的設計組織に利益をもたらすが、長期的には彼らも小さなコアチームに分割され、先端技術をもった外部コンサルタントたちとネットワークを組んで離合集散していく方法をとらざるを得なくなる」

Lightness is a word came out of hi-tech tradition in 20th century UK about reducing material and energy by optimising their application. Flatness is a word used in ornamental pattern design method in 19th century UK, about collective behavior/effect beyond individual materiality in observation. Softness is a word used by Swiss researcher in 21th century for their kinetic structure model. I want to relate those words to find flexible architectural system/methodology and put it on historical context.

lightnessは20世紀の英国でハイテックの流れから生まれた、適材適所によって材料とエネルギー消費を削減しようとする言葉。flatnessは19世紀英国の装飾パターンの技法において個々の物質を超えた集合的振る舞いや視覚的効果について説明した言葉。softnessは今世紀のスイスの研究者が彼らの研究している可動構造システムについての説明で使っていた言葉。最適化?集合化?可動性、まずはこれらの言葉をきっかけにしながら、あらかじめ変化を内包した建築デザインの方法を考え、それを歴史的に位置づけたいと考えています。

関連するプロジェクトを具体的に紹介した日本語記事 『「森の歩道橋」から「様相の屋根」へ』 はこちら

]]>
http://sharisharishari.com/2011/08/lightness-flatness-softness-1/feed/ 0