Active tensegrity study with Kangaroo # 1


( Red menders –  shrinkage, green those – slack )

First attempts to simulate behavior of  active tensegrity componet with Kangaroo, plug-in for Grasshopper  in Rhinoceros.
We continuously investigate model of the roof based on our proposal, LRT STATION DESIGN COMPETITION, OKAYAMA JAPAN, 2010.

It was difficult to see the behavior of kinetic roof in physical module made of 5*5 the component for Kinetic art fair 2012.Therefore, we use the physical engine to discover the global form of the active tensegrity.

これの動画はライノセラスのプラグイン、グラスホッパー上で動く物理エンジングラスホッパーを使ったアクティブテンセグリティモデルの動作シュミレーションです。
私たちは先の岡山の吉備線LRT駅デザインコンペから継続的に動く構造体のスタディを続けています。先日行われたキネティックアートフェアーのための5*5の部分模型ではより大きな形態での動作が不透明だったので、物理エンジンを使うことによってグローバルフォームを発見することを試みました。

Ryosuke Maruyama : http://www.ryosukemaruyama.com//a>



Comments are closed.