Arduino講座:その5

第5回

 

「ブレッドボードの基本的な使い方」

 

今回はかなり基本的なところですが、ブレッドボードの使い方の紹介をします。

 

ブレッドボードとはArduinoの上にある基盤で、大きな電流を流すことはできませんが、半田ごてを必要とせず簡易に接続できるので便利です。

 

 

例えば、青のラインが (-) 赤のラインが(+)。このラインが横一線繋がっており、その線上であればどこにさせても接続されていることになります。黒の縦ラインも同様に縦一線が繋がっています。

少し分かりにくかもしれないので、以下を見てください。

ArduinoのGNDピンを青線(-)に接続、13ピンから黒線上の任意の点(今回はH,59)に接続し、そこにLEDの+極を繋ぐ、そして-極側をワイヤーを使って青線上に繋ぐ。

同様に、5つのLEDをブレッドボードを使って12ピンと接続していきます、こちらも同じように全てのLEDがArduinoのGNDと繋がるように設定。

 

 

 

 

 

 

あとは、第1回でやったBlinkを少しだけ変更してこちらをコピーして起動してください。

 

/*

Blink

Turns on an LED on for one second, then off for one second, repeatedly.

 

This example code is in the public domain.

*/

 

// Pin 13 has an LED connected on most Arduino boards.

// give it a name:

int led1 = 13;

int led2 = 12;

 

// the setup routine runs once when you press reset:

void setup() {

// initialize the digital pin as an output.

pinMode(led1, OUTPUT);

pinMode(led2, OUTPUT);

}

 

// the loop routine runs over and over again forever:

void loop() {

digitalWrite(led1, HIGH);   // turn the LED on (HIGH is the voltage level)

delay(1000);               // wait for a second

digitalWrite(led1, LOW);    // turn the LED off by making the voltage LOW

delay(1000);

digitalWrite(led2, HIGH);   // turn the LED on (HIGH is the voltage level)

delay(1000);               // wait for a second

digitalWrite(led2, LOW);    // turn the LED off by making the voltage LOW

delay(1000);   // wait for a second

}

 

ここでは緑LEDが1秒間、5つの赤LEDが1秒間光れば成功です。

いろいろと試してみてください。

 

 

by Hiroshi Ito



Comments are closed.