Arduino講座:その1

第一回 Arduino講座

『1個のLEDライトを点滅させる』

初めてさわる人にもとっかかりやすい、項目から入ります。
ちなみに最もベーシックなArduino Uno を使います。

Arduino内には既に多くのサンプルがあるので、その内にある[Blink]というファイルを開く。


上の図のように13番とGNDに赤色LEDを接続。極性を注意し、長い方(+極)を13番へ短い方(−極)をGNDへ接続する。

デフォルトではset up()で13番ピンを出力ピンと設定しており、loop()で{}を繰り返しすという設定になっています。1000ms点灯(HIGH)、1000ms消灯(LOW)となっていますので、LEDが点滅しているはずです。
ここを
digitalWrite(led, HIGH);
delay(2000);
digitalWrite(led, LOW);
delay(1000);
と変更すると2000ms点灯、1000ms消灯という様に変更することが可能です。
(ちなみに1000ミリセカンド = 1秒です)

これを基本とし、様々なセンサーと接続することで、応用可能です。

 

 

by Hiroshi Ito



Comments are closed.