lightness flatness softness #1

lightness flatness softness #1

text by yosuke komiyama

As we proposed by the project “the roof of modality,” I’m interested in the architecture which is never finished/completed but always in transition. People may not even notice it’s an architecture in ordinary sense, but feel a built environment around. If this amorphous space can be made out of standardised ordinary building elements, it’s easy to understand/use/construct in phases but it’s beyond one’s control at the same time in large scale or in long term. There is no mandatory monolithic philosophy but a lot of everyday life dialogues within it.

「様相の屋根」で提案したような、いつまでも完成することのない変化し続ける建築に興味があります。それはデザインされた環境ですが、輪郭ははっきりしないので建築には見えないかもしれません。このアモルファスな空間が規格化された見慣れた部品でできていたらなら、手にした人にとってそれをどう使うかは一目瞭然であるし、建設も簡単でしょう。でも全体としては、ひとりの制作者が想像できる範囲を超えるようなものができるのではないかと思います。なにかひとつの強制的な教義にのっとってつくられるのではなく、無数の日常会話の集積によってできているような。

Richard Horden, who is famous for his micro architecture design methods and fetishism for architectural lightness, likes to use the word, “less architecture and more nature.” Nature is something not under control by a designer but under control by others and kept being driven by various parameters towards optimization by themselves. Minimising architecture is one way to get those “others” involved/penetrate into the design and help architecture adaptable for changes.

マイクロアーキテクチュアを使った教育や軽い建築へのフェティシズムで知られる建築家リチャード?ホールデンは、less architecture and more natureという言葉を好んで使います。自然は、デザイナーの制御下にはおけないものですが、最適化に向かって常に流れつづけるものです。建築する部分を最小化?不完全化し、そうした制御不能なものを始めから受け入れてデザインすることは、建築を変化に対応可能にする方法のひとつでしょう。

I like the way how the buildings are built in London where small practices have got equal chance to design large scale projects by teaming up with other small practices in a network. Their design manor is naturally consist of communication with “others.” Technologies such us BIM will accelerate it. A survey reported the BIM would empower large multidisciplinary practices in short term but in long term it “give them cause to reduce their practice to a very small core with established links to a range of cutting edge consultants ? working in a network in a more nimble manner.”

ロンドンで建築がつくられる方法が好きです。小さな設計事務所も、同様に小さな他の設計事務所とチームを組むことで、大きなプロジェクトに携わる機会が与えられます。それはそもそも設計とは多くの他人同士によるコミュニケーションによって衝突し合いながら進んでいくものだととらえられているからです。BIMのような情報共有化の道具はそれをさらに加速させていくでしょう。ある調査ではこう報告されています。「BIMは短期的には効率化によって巨大な国際的設計組織に利益をもたらすが、長期的には彼らも小さなコアチームに分割され、先端技術をもった外部コンサルタントたちとネットワークを組んで離合集散していく方法をとらざるを得なくなる」

Lightness is a word came out of hi-tech tradition in 20th century UK about reducing material and energy by optimising their application. Flatness is a word used in ornamental pattern design method in 19th century UK, about collective behavior/effect beyond individual materiality in observation. Softness is a word used by Swiss researcher in 21th century for their kinetic structure model. I want to relate those words to find flexible architectural system/methodology and put it on historical context.

lightnessは20世紀の英国でハイテックの流れから生まれた、適材適所によって材料とエネルギー消費を削減しようとする言葉。flatnessは19世紀英国の装飾パターンの技法において個々の物質を超えた集合的振る舞いや視覚的効果について説明した言葉。softnessは今世紀のスイスの研究者が彼らの研究している可動構造システムについての説明で使っていた言葉。最適化?集合化?可動性、まずはこれらの言葉をきっかけにしながら、あらかじめ変化を内包した建築デザインの方法を考え、それを歴史的に位置づけたいと考えています。

関連するプロジェクトを具体的に紹介した日本語記事 『「森の歩道橋」から「様相の屋根」へ』 はこちら