Hong Kong International Competition

Design Description
Its function more traditional border control building to check through the passive vehicle and passengers, to some extent give the impression to hinder communication. To this end we think we should give the building a more positive features to appeal to people actively use buildings. In order to reflect the depth / cross-border cooperation with Italy, we will set up an attractive entertainment features between Hong Kong and Shenzhen ports, making a total shared by both areas. Even if two people go to another place, this building can also be used to its entertainment function.
On the other hand, this architecture as a symbol of cooperation between the two places open, we hope to witness the building itself through co-operation over time, increasing prosperity. Therefore, we pick up the original base in Hong Kong for the elements on the lush green belt, green seeds will be planted in the roof of our building on the organic body, as time goes on, the green seed rooted in architecture, lush prosperity and ultimately become linked two to the ‘eco-green bridge’.
For the local climate is hot and humid all year round, good natural ventilation and energy conservation can play a significant role in environmental protection. By fluid dynamics (CFX) analysis to find out the relatively low pressure area. In these areas turn skylight on the roof, use and poor indoor air travel to get a good pull out the wind effect. At the same time for the sunshine through the analysis of the study, the number of skylights will open at a reasonable range, both to ensure indoor lighting, while avoiding too much sunlight to accept the heat.

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

设计说明

传统边检建筑其功能多为被动式地检查通过车辆与旅客,某种程度上给人以阻碍交流的印象。为此我们认为应该赋予建筑更为积极的功能来吸引力人们主动地使用建筑。为了反映出深/港两地合作的意含,我们将富有吸引力的娱乐功能设置于香港与深圳口岸之间,使之成为被两地共有的共享地带。两地居民即使不去另一地,也能够来此建筑中使用其娱乐功能。

另一方面,此建筑作为两地开放合作的象征,我们希望能通过建筑本身见证两地合作随时间推移不断繁荣。因此,我们拾取原有香港基地上茂密的绿带为元素,将绿色种子种植在我们建筑有机形体的屋顶上,随着时间的推移,绿色的种子扎根于建筑上,茂密繁荣,最终成为联系两地的‘生态绿桥’。

对于处于常年湿热的当地气候,良好的自然通风作用可以显著起到节能环保作用。通过流体力学(CFX)分析,寻找出相对低风压区域。在这些区域的屋顶上开启天窗,利用与室内行程气压差,从而获得良好的向外拔风作用。同时通过对于日照分析的研究,将开启天窗的数量控制在合理范围,既保证室内照明,同时又避免接受过多的日照热量。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

デザインの説明

ある程度、受動的車両と乗客を介してチェックするために、その機能、より伝統的な国境管理の建物は、通信を妨害するような印象を与える。この目的のために我々は人々が積極的に建物を使用するためにアピールする建物の多くの肯定的な機能を提供すべきだと思う。深さ/イタリアとの国境を越えた協力を反映させるために、我々は両方の領域で共有される合計を作り、香港と深センのポート間で魅力的なエンターテイメント機能を設定します。二人が別の場所に行く場合でも、この建物は、そのエンターテイメント機能にも使用できます。
一方、このアーキテクチャは、オープンつの場所間の協力のシンボルとして、我々は繁栄を増やす、時間をかけて協力を通じて、建物自体を目撃したいと考えています。したがって、我々は豊かな緑のベルト上の要素のために香港にオリジナルのベースをピックアップ、緑色の種子は、時間が経つにつれて、有機体内で私たちの建物の屋根に植えられ、建築に根ざした緑の種子、緑豊かな繁栄と最終的に二つにリンクすることができるようになります”エコグリーンブリッジ”へ。
地域の気候は高温多湿であるため、一年中、良好な自然換気と省エネは、環境保護において重要な役割を果たすことができます。流体力学(CFX)の分析により、比較的低い圧力の領域を見つけるために。これらの地域では良いを得るために屋根、使用および悪い屋内空気の旅に天窓を回し風の効果を引き出します。調査の分析を通して日照のために、同時に、天窓の数は、熱を受け入れるようにあまりにも多くの日光を避けながら、室内の照明を確保するために、両方の、合理的な範囲で開きます。